【カナダ留学】ホームステイの率直な感想。トラブルは?怒られたりした?

カナダ・ビクトリアで1ヶ月のホームステイを体験してきました。

このページでは、ホームステイ中に起きた出来事、そしてホームステイの率直な感想をお伝えします。

ホームステイの情報はネット上にたくさんありますが「実際に体験した人の声」は少ないですよね。

(あったとしても詳細に書かれてなかったり、情報が古すぎたり。)

さや

ホームステイに少しでも興味のある方、これからホームステイを控えている方の参考になれば嬉しいです。

目次

ホームステイ先が決まったのは、出発の数日前だった?!

エージェントを通してホームステイを申し込んだのですが、ステイ先が決定したのがなんと出発の数日前でした!笑

荷造りは終盤なのに、滞在先が決まっていないというなんとも謎の状況に。

エージェントいわく、数ヶ月前からステイ先が決まることはないのだそう。基本的には、寸前に決まることが多いようです。

ファミリー決定後は、ファミリーから直接メールが届きました。

さや

簡単なグリーティングと、家の写真・家族写真・家族の名前・年齢が書かれていました。

▼ 実際に届いたメール

私がお世話になったのは、両親+子供4人+犬猫各1匹のカナダ人のファミリーです。

ビクトリア空港にて、ホストファミリーとついに対面!

ファザーと末っ子の女の子がビクトリア空港に迎えに来てくれました。

空港送迎はオプションで頼みます。重い荷物で公共交通機関を利用する体力はないと思ったので、ファミリーに送迎をお願いしました!

さや

長時間フライトも重なり、案の定ヘトヘトだったので送迎してもらってよかった。

到着出口で待っていてくれているファザーと合流し、車で家まで向かいました。

かなり緊張してしまい、すぐに話しかけることができませんでしたが、優しいファザーだったので緊張はすぐ解けました。

さや

夕方、家に到着したのですが、疲れすぎて速攻寝てしまいました。笑

この写真は、到着翌日にホストファザー、ブラザー、シスターが街中を案内してくれた時に撮った写真です。

さや

ビクトリアのダウンタウン、めちゃくちゃ綺麗じゃないですか?♪

ファミリーの会話についていけず、英語力の無さに病む。

さて、1ヶ月のホームステイが始まったのですが・・・、初っ端から病み期に入ります。

夜ごはんをファミリー全員で食べたのですが、リスニング力が足りず会話についていけなかったんですよね。

さや

ネイティブ同士で話す英語はやっぱり速すぎるよ〜。

みんなが笑っているのに、何が面白いか分からないからわたしだけ真顔。

さや

そのアウェイ感と、英語力の無さが悔しくて寝る前めっちゃ泣きました。

わたしも楽しく会話に入りたいのに。

わたしが食事を楽しんでいないと気を遣われるのも嫌で、ある日ホストマザーに心境を伝えることにしました。

さや

「英語力が足りなくて、話している内容が聞き取れないです。だから会話に入れないだけで、食事を楽しんでないわけじゃないから気にしないで欲しいです」

そう伝えたら、マザーが「そんなの気にしてなくていいんだよ〜」と言ってくれました。

その日から、私に話を振ってくれるようになって、前より会話に入れるようになった気がします。

思っていることは小さいことでもいいからホストに共有するといいですよ。悩みを打ち明けたことで、ホストとの距離も近くなった気がします。

ホストファミリーと日に日に仲を深められた。

ホストファミリーの下2人(9歳の女の子、11歳の男の子)とかなり仲良くなりました。

さや

きっかけはあんまり思い出せないのですが、いつの間にか一緒に行動していたんですよね。

私が語学学校から帰宅すると「○○しよ〜!ここ行こ〜!」って色んなところへ連れて行ってくれました。

2人と親密になり、毎日がさらに楽しくなったのを覚えています。

最終的には、学校の友達よりホストファミリーとの時間が増えた!

率直に言うと、わたしは年の離れた年下と接するのが苦手です。

だからこんなに仲良くなれて自分でも驚いているのですが、仲良くなれた理由は言語が英語だったからかなと思います。

彼らは英語ペラペラだけど私は英語勉強の身だから、歳は離れていても対等にコミュニケーションが取れたんですよね。

仮にわたしと同じ歳くらい(当時10代後半)の子だったら、難しい話ができないからここまで仲良くなれていなかったかも。

家族構成の希望が出せるなら「10歳前後の子がいるファミリー」をオススメしますよ!あまりに小さすぎると会話できないし、大きすぎても会話の難易度が上がるので。

まとめ:このファミリーじゃなかったら、ここまで充実してなかったかも。

わたしはホストファミリーにかなり恵まれた留学生でした。

友達の話を聞いたり、ネットでの体験談を読むと、ファミリーとのトラブルがたくさんあるんですよね。

例えば、ルールが厳しすぎたり、ご飯が適当かつ不味かったり、そもそも性格的に合わなかったり。

さや

わたしはファミリーとのトラブル・不満は一切なく、外で体調不良を起こしたときもバス停まで迎えに来てくれて、親切にしてくださいました。

しかし、ホストファミリーはこっちから細かく指定することができないので「運」です。

留学生と生活したいと思って登録しているファミリーもいれば、ビジネス目的だけで登録しているファミリーもいます。

そのため、「キラキラしたホームステイ生活」を過度に期待しすぎずに行くのがおすすめです。

ホームステイは、自力でファミリーを探すのではなく、エージェントを通して申し込みをしましょう。

エージェントを通すと、

  • 日本人の受け入れに慣れているファミリーと生活できる
  • トラブル、不満が起きてもエージェントが仲介してくれる

といったメリットがあります。

外国人ファミリーの一員になって生活する体験なんて、滅多にできるものではありません。

さや

せっかくカナダ留学に行くのですから、ぜひホームステイで普段とは違う体験をしてみてください♪

ではでは、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

質問・リクエストについて

・記事内のことで質問がある

・こんな記事を書いてほしい

 

などのご要望がありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる