【カナダ留学】ホームステイの率直な感想。トラブルは?怒られたりした?

カナダのビクトリアで、1ヶ月間のホームステイを体験してきました!

この記事では、ホームステイ中に起きた出来事、そしてホームステイの率直な感想をお伝えします。

ホームステイの情報はネットにたくさんありますが「実際にホームステイを体験した人の声」は少ないですよね。

さや

あったとしても、詳細に書かれていなかったり、情報が古すぎたりなど。

ホームステイでの生活の様子を知りたい方は、参考にしていただけたら嬉しいです。

目次

ホームステイ先が決まったのは、カナダ出発の数日前?!

ホームステイ先が決定したのは、なんとカナダ出発の数日前。

さや

留学の荷造りは終わったのに、滞在先が分からないという謎の状況に。汗

この直前具合に驚いたのですが、出発の数ヶ月前からホームステイ先が決まることはほぼないみたい。

基本的には、出発の寸前に決まると頭に入れておいてください!

ホームステイ先が決定した後は、ホストファミリーから直接メールが届きました。

さや

簡単なグリーティングと、家の写真、家族写真、家族の名前と年齢が書かれていました。

▼ 実際に届いたメール

私がお世話になったのは、両親、子供4人、犬猫1匹ずつのカナダ人ファミリーです。

ビクトリア空港にて、ついにホストファミリーと対面!

「空港送迎」をオプションで付ければ、ホストファミリーが空港まで迎えにきてくれます。

重いスーツケースを持って、慣れない土地を移動するのは大変なので、空港送迎はお願いしておくべきです。

それだけでなく、カナダまでの長時間フライトと時差ボケ、そして新しい生活への緊張から、予想以上にヘトヘトになります。

さや

私の場合は、ホストファザーと末っ子が空港まで迎えに来てくれました。

到着出口で待っていてくれたファザーと合流し、車で家まで向かいます。

予想以上に緊張してしまい、ビクトリア空港でスムーズに話しかけることができなかったのを覚えています。

さや

家に到着したのが夕方でしたが、荷物整理もせず寝てしまいました。それだけ初日はヘトヘトです……。

この写真は、到着翌日にホストファザーとブラザー、シスターがビクトリアの街中を案内してくれた時に撮りました!

さや

ビクトリアの街並みはとても綺麗で、すぐに気に入りました!

ホストファミリーの会話についていけず、英語力の無さを実感しメンタル不調。

予想以上にネイティブが話す英語を聞き取れないと実感し、メンタル不調に陥りました。

さや

英語のテストで高得点を取っても、いざ本場の土地に来て英語力の無さを実感しました。

想像以上に辛かったのは、ファミリーみんなとご飯を食べているとき。

私のリスニング力が足りず、会話に全くついていけませんでした。

みんなが笑っているのに、笑っている理由が分からず、わたしだけ真顔になる瞬間が多数。

さや

何だか取り残されている感じが辛かった。英語力が無いことも悔しくて、寝る前に毎日泣いていたなぁ……。

私が食事を楽しんでいないと勘違いされるのも嫌だったので、ホストマザーに心境を伝えることにしました。

さや

「英語力が足りなくて、話している内容が聞き取れない。うまく会話に入れないだけで、食事を楽しんでいないわけじゃないから、気にしないで欲しいです。」

こう伝えたら、「そんなの気にしなくていいんだよ。」と言ってくれて、次の食事から私に質問を投げかけてくれるようになりました。

私に質問を投げかけくれることで、会話の話題が分かり、前よりも会話に入れるようになった気がします!

ホームステイ生活では、何か思うことがあれば小さなことでもファミリーに共有してみてください。

さや

悩みを打ち明けることで、ファミリーとの距離も近くなりますよ!

ホストファミリーと日に日に仲を深められた。

ファミリーの中でも、長女9歳と3男11歳の子と特に仲良くなりました。

私が語学学校から帰宅すると、「○○しよ〜!ここ行こ〜!」と私の部屋に来て、色んなところへ連れて行ってくれる毎日。

さや

2人と仲良くなれたあたりから、毎日が楽しくなったのを覚えています!

英語ネイティブの子と会話できていることが、英語を話す自信にも繋がったのです。

近くの湖までサイクリングしたり、家の庭にテントを建てて一緒に寝たり。

ホストファミリーと滞在したからこそできた、現地の生活を楽しみました。

語学学校の友達より、ホストファミリーとの時間が増えた。

驚くことに、語学学校で出会った友達より、ホストファミリーとの時間が増えました。

さや

その分、語学学校での思い出は正直少ないです。

こんなに仲良くなれたのは、「家に来た留学生と仲良くなりたい!」という彼らの人柄も大きかったはず。

しかし、振り返ってみると「私と年齢が10個くらい離れていたおかげ」というのも理由に挙げられます。

その理由は、年下の子が話す単語や話題が、私の英語力にはちょうど良かったからです。

私のファミリーには16歳と18歳の男の子もいたのですが、ほとんど話していません。

年頃の異性だったから、というのもあったかもしれませんが。

さや

難易度の高い会話がまだできないので、同年代の子とはこんなに仲良くなれていないはずです。

年下の子たちなので、話すことは難しい内容ではありません。しかし、英語勉強中の私にとって、逆にそれが良かったと感じます。

「同年代の子が家にいたら楽しそう!」と感じるかもしれませんが、あえて年下のファミリーを選んでみるのもおすすめです!

さや

家族構成の希望が出せるようだったら、希望してみてください。

「カナダでホームステイをしてみたい」を思ったらエージェントに相談しよう!

「カナダでホームステイをしてみたい」を思ったらエージェントに相談しよう!

留学生がホストファミリーを指定できるわけではないので、必ずしも「楽しかった」と思えるファミリーに出会えるとは限りません。

留学先で出会った友達からは、ホストファミリーとの間に起きたトラブルをたくさん聞きました。

さや

例えば、ルールが厳しすぎたり、ご飯が口に合わなかったり、ファミリーとの性格が合わなかったり。

トラブルを避けるためには、「日本人に慣れているファミリーを選ぶこと」と「留学エージェントにファミリーを探してもらうこと」がおすすめです。

日本人の受け入れに慣れていれば、日本人が好む食事を知っていますし、日本人の性格を知った上で関わってくれます。

また、留学エージェントを通してファミリーを探してもらうことは、おすすめです!

その理由は、ホストファミリーとの面接などを通して、日本人留学生が快適に暮らせるファミリーを厳選してくれているから。

私が素敵なホストファミリーに出会えたのも、私の希望を考慮しつつ、エージェントがファミリーを選んでくれたからです。

さや

留学エージェントは日本人なので、日本人目線でファミリーを厳選してくれています。

エージェントを通すことで、仮にトラブルが起きた場合にも、間に入って対処法を考えてくれるので安心して留学できます。

カナダホームステイにオススメのエージェントは、

全てのホームステイ先が視察、面接を経て登録されています。

さや

紹介されるステイ先は、「個室」「1日3食つき」のところだけ!

そのため、食事が用意されないホームステイ先や、個室がないホームステイ先になることはありません。

☆ 無料カウンセリングを受けてみる ≫≫

さや

語学学校の紹介と手配もしてくれるので、カナダ留学を全てお任せできます。

カナダ留学を検討中であれば、まずは無料カウンセリングを受けてみましょう。

ホームステイでの疑問点を解決してくれるのはもちろん、あなたに合った語学学校、都市を紹介してくれます。

無料カウンセリングを受けてみて、留学の全体像を聞いてみるのがおすすめです。

また、を通して留学する場合、学校手続きや現地サポートは全て無料で行ってくれます。

他のエージェントで申し込むよりも、格段に節約できます。

さや

カウンセリングを受けてみて「なんか違うかも」と思ったら、申し込みをしなくても問題ありません。

☆ 無料カウンセリングを受けてみる ≫≫

ホームステイは慣れない環境や、初めて会う家族との共同生活に戸惑ったり、悩んだりすることもあります。

しかし、このような体験も留学でしか味わえません。

カナダ留学への第一歩として、まずはお話だけでも聞いてみませんか?

\ 無料カウンセリングはこちらから /

こちらの記事もおすすめです!

質問・リクエストについて

・記事内のことで質問がある

・こんな記事を書いてほしい

 

などのご要望がありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる