ビクトリア留学の魅力、デメリットを留学経験者が紹介!【かなり住みやすい】

カナダのビクトリアに1ヶ月間留学しました。

元々、留学都市をビクトリアに決めていたわけではなく、エージェントからの紹介でビクトリアにすることに。

結論から言うと、ビクトリア、住みやすくて最高でした…!

さや

勧めてくれたエージェントに感謝です♪

さらに、バンクーバーやトロントよりは留学地として選ばれにくく、カナダ留学の穴場なんです!

この記事では、ビクトリア留学を経験した私が、ビクトリアの魅力、ビクトリアに住むデメリットを紹介します。

この記事を読むことで「あなたに、ビクトリアが本当に合っているか?」がわかりますよ。

目次

ビクトリアはどこにあるの?どんな都市?

まず、ビクトリアの概要から紹介していきます。

ビクトリアってどこにあるの?

ビクトリアは、バンクーバーの近くです。

そして、地図からわかるように、アメリカのシアトルもほぼ同距離くらいにあります!

さや

つまり、気軽にシアトルへ行けちゃいます♪

日本からビクトリアまでの直行便はないので、バンクーバーで乗継をします。

バンクーバーからフェリーで行くこともできますが、私は飛行機を使いました。

小型飛行機で、20分〜30分くらいのフライト。

ビクトリアってどんな街?

ビクトリアは、バンクーバーも含まれるブリティッシュコロンビア州の州都なんです!

バンクーバーの方が有名なので、州都はバンクーバーかと思っていたら、まさかのビクトリアで驚き。

そして、イギリスに長く統治されていたので、街に”イギリス感”が残っています。

さや

確かにイギリスっぽいって思いました。(イギリス行ったことないですが笑)

ビクトリアのダウンタウンの様子

ビクトリアには、花がたくさんあることから「花の街」とも呼ばれています。

さや

湖と花が、ほんとに綺麗です♪

ビクトリアの魅力、ビクトリアに住むデメリットは?

次に、ビクトリアの魅力と、ビクトリアに住むデメリットを紹介します。

短期留学であれば、短くて1ヶ月滞在します。「他の都市にすれば良かった…」とならないためにも、デメリットも知っておきましょう。

ビクトリアの魅力3選

  • 魅力①:大都会バンクーバーにすぐ行ける
  • 魅力②:田舎すぎず、都会すぎず
  • 魅力③:治安が良い

魅力①:大都会バンクーバーにすぐ行ける

ビクトリアからバンクーバーへは、フェリーや飛行機で簡単にいけます。

週末にバンクーバーにプチ旅行、お出かけも気軽にできちゃうんです!

ビクトリアからバンクーバーまでのフェリーでの行き方は、記事がたくさんあります。検索してみてみてください!

「カナダに来たなら大都会バンクーバーにも行きたい!」と考えている方も多いはず。バンクーバーへ気軽に遊びにいけるのが、ビクトリアの魅力の1つです。

魅力②:田舎すぎず、都会すぎず

ビクトリアは、田舎すぎず都会すぎず。ちょうどいい住み心地です。

都会だと人疲れしますよね。逆に田舎すぎると、交通網が少なかったり、店が近くになかったり、不便な点も多くあります…。

ビクトリアは、バスも多く走ってますし、店も豊富にあり、東京住みの私が住んでみても、不便に感じませんでした!

そして、ビクトリアに住んでいる人は、ゆったり、のんびり生きている雰囲気があります。

さや

せかせかしてない雰囲気が、伝わってきます。

時間ものんびり過ぎていく感じがして、住み心地は最高です。

魅力③:治安が良い

ビクトリアは、リタイア後に住みたい街として選ばれています。

それくらい、平和で治安が良い都市として、カナダ人にも評価されている証拠

狭い路地に危険そうな人がいたり、ホームレスが多かったり、外国特有の危険さは確かにありませんでした。

とはいえ、外国であることには変わりありません。

さや

夜遅くに1人で出歩いたり、人通りの少ない道に行くのは避けましょう。

ビクトリアのデメリット2選

  • デメリット①:街が小さい分、人によっては飽きてくる
  • デメリット②:「穴場=日本人が少ない」と思っている方は注意

デメリット①:街が小さい分、人によっては飽きてくる

ビクトリアは街が小さいので、大都会よりもいく場所の選択肢が少ないです。そのため「生活への慣れ」をはやい段階で感じます。

海外にいるんだから、常に刺激が欲しい!という考えの方は、ビクトリアでの生活はちょっと退屈かも。

さや

そういうタイプの方は、バンクーバーやトロントなどの大都市が向いてますよ!

デメリット②:「穴場=日本人が少ない」と思っている方は注意

「日本人と関わりたくない」「日本人が少ない学校がいい」という考えで、大都市を避けて留学する方もいるのではないでしょうか?

しかし、学校の日本人率は大都市と変わらない、なんてこともあり得ます

それはなぜか。例を出して考えてみます。

バンクーバーの場合
  • 学校数 100校
  • バンクーバーに住んでいる日本人 1000人
  • 1つの学校ごとに10人の日本人が在籍
ビクトリアの場合
  • 学校数 20校
  • ビクトリアに住んでいる日本人 100人
  • 1つの学校ごとに10人の日本人が在籍

このように、日本人の数はビクトリアの方が少ないですが、その分学校数も少ないです。

学校ごとに考えると、日本人率が変わらないなんてことも!

ビクトリアの都市に魅力を感じて留学するならいいですが、日本人が少ないことを期待するとガッカリしてしまいます。

都会から離れて、のんびり暮らしがしたいなら、ビクトリアがオススメ!

ビクトリアの魅力、ビクトリアに住むデメリットを紹介しました。

ビクトリアは、都会から離れ、のんびり暮らしをしてみたい方にとってはピッタリな場所です。

バンクーバーにもすぐ行けるので、都会で遊ぶこともできちゃいます。

さや

まさに、いいとこ取りの都市なんです♪

心からオススメできる都市なので、ぜひビクトリアも検討してみてくださいね。

エージェントに留学相談すると、ビクトリアに限らず、あなたに合った都市を紹介してくれますよ!

エージェントに推薦されなかったら、ビクトリアを知ることもなかったので、相談して本当によかったです。

さや

割引価格で、語学学校に入学できることも!エージェントは使った方が絶対にお得です。

カナダ留学検討中のあなたにオススメなエージェントは、

カナダに特化したエージェントなので、カウンセラーの方もカナダに詳しい方ばかり。信頼して相談できます。

サポート料金は無料。エージェントを通さず手配する留学と料金は変わりません。

むしろ、エージェントを通した方が割引価格になることもあるので、お得◎

カナダ留学を検討中は、無料カウンセリングを受けてみることをオススメします。

さや

カウンセリングを受けることで、今後の詳しい流れや、必要な費用、あなたにオススメな都市がわかりますよ。

カウンセリングを受けたからといって、留学に必ず行かなくてはいけないわけではないので、ご安心くださいね。

☆ 無料カウンセリングはこちらから ≫≫

ではでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

質問・リクエストについて

・記事内のことで質問がある

・こんな記事を書いてほしい

 

などのご要望がありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる