【韓国旅行】日本のヘアアイロンどう使う?韓国のコンセント&電圧事情!

韓国旅行で日本から持参したヘアアイロンを使う方法について解説します。

持参するヘアアイロンが海外対応ではない場合、韓国で使うことができません。

知らずに韓国で使ってしまうと、故障のおそれがあります。

さや

韓国旅行前に必ず確認しておきましょう!

韓国旅行を控えている方の参考になると嬉しいです!

目次

【韓国旅行】日本から持ってきたヘアアイロンを韓国で使う方法

持っていくヘアアイロンが海外対応製品か確認する

韓国と日本では電圧が違うので、海外対応していないヘアアイロンは韓国で使えません。

持っていく予定のヘアアイロンの「input」情報が書かれている部分で確認してみましょう。

iPhoneの充電器であれば、↑このように書かれています。

さや

本体になければ、取扱説明書にも記載がありますよ!

ここに「100V-240V」と書かれていたら、韓国でも使えます。

韓国でも使えるヘアアイロンはこれ

☆ サロニア

  • MAX230℃
  • 最短30秒で立ち上がる
  • マイナスイオン搭載

15mm、24mm、35mmの3種類あります!

☆ ヴィダルサスーン

  • MAX200℃
  • 約30秒のスピード加熱
  • マイナスイオン搭載

コンセント変換プラグを用意する

日本と韓国ではコンセントの形状も違うため、コンセント変換プラグを必ず用意しましょう。

韓国ではSE・C型どちらかのコンセントが使われているので、場所によって形状が違います。

さや

かさばるものでもないので、両方用意しておくといいですよ。

SE・C型セット購入はこちら

SE・C型 別々に購入する場合はこちら

まとめ|海外対応のヘアアイロン+韓国用のコンセント変換プラグを用意しよう!

韓国で日本から持参したヘアアイロンを使う方法について紹介しました。

韓国旅行前に、海外対応かどうか必ず確認しておきましょう!

さや

海外対応だった場合でも、コンセント変換プラグは必須です。

ではでは、最後まで読んでいただきありがとうございます!

質問・リクエストについて

・記事内のことで質問がある

・こんな記事を書いてほしい

 

などのご要望がありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる