ビクトリア留学で1ヶ月にかかる費用は?費用を抑えるコツも紹介【カナダ】

英語圏の中では、留学費用が比較的安いと言われているカナダ。英語のクセもなく綺麗で、留学先として人気の国です。

カナダのブリティッシュコロンビア州に、ビクトリアという都市があります。街自体がコンパクトで、落ち着いた雰囲気が特徴的

さや

カナダ人の間でも「住みたい街」と高評価を得ています。

治安も良く気候も穏やかなので、留学生の間でも人気のある都市の1つです。

この記事では、1ヶ月のビクトリア留学で実際にかかった費用を紹介します。

さや

3度の留学を経験した私が、「留学費用を抑えるコツ」も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

※執筆当時(2020年11月)のレートで日本円に換算しています。

この記事では、ビクトリア留学の費用を中心にお伝えします。ビクトリアの住みやすさを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

目次

1ヶ月のビクトリア留学費用とその内訳は?

カナダ1ヶ月留学の費用

ビクトリア留学では、1ヶ月で約37万円かかりました。

内訳は以下の通りです。

内訳価格
語学学校約11万
ホームステイ約9万
往復航空券約13万
ビザ約500円
海外保険0円
生活費約4万
さや

ここからは、費用の補足をしていきます。

語学学校

朝から夕方までフルタイムで学習するコースを申し込みました。

費用の内訳は以下の通りです。

入学金約1万2千円
教材費約8千円
授業料約9万円

オーストラリアの語学学校は月15万円ほどだったので、カナダの留学費用の安さは本当ですね。

ホームステイ

ホームステイ

短期留学の場合、ホームステイで滞在する人がほとんどです。

ホームステイの費用内訳は以下の通り。

ホームステイ手配料約1万5千円
ホームステイ滞在費約7万円
空港送迎(往復)約5千円
さや

私の場合、3食込みでこの価格でした。

「空港送迎」は、ホストファミリーに家と空港間を送迎してもらう費用です。

重い荷物を持ちながら公共交通機関を使うのは厳しいので、空港送迎はつけておくのがおすすめ。

特に、ビクトリアはバスしかないため、電車よりも乗り降りが大変です。

往復航空券

エアカナダのチケットを取りました。

どの航空券がいいか分からない方は、留学エージェントに相談しながら決めるのがおすすめです。

ビザ

カナダの場合、6ヶ月以内の滞在であれば「観光ビザ」で入国できます。

さや

6ヶ月以内の留学であれば、学生ビザは必要ありません。

ビザの取得には「eTa(電子渡航認証)」が必要で、eTaを取得する際に約500円かかりました。

海外保険

留学中に予想外の体調不良や怪我に見舞われることもあるため、海外保険の準備は必須です。

短期留学の場合には、クレジットカードに付帯している海外保険で代用できる可能性があります。

(※海外保険が付帯されているかどうかは、クレジットカードにより異なります。)

さや

こちらで詳しく解説しています!

生活費

生活費の内訳

カナダ留学中の生活費は4万円でした。

ホストファミリーと思いのほか仲良くなれて、友達との外食や飲み会などに行かなかったので、生活費は少なかったです。

さや

生活費は、余裕を持って月10万ほど準備しておくと安心です。

ビクトリア留学費用を抑えるための5つのコツ

ビクトリア留学費用を抑えるための5つのコツ

同じ都市での留学でも、「どの学校に通うか」「どの時期に行くか」によって、費用が変わります。

希望の学校や時期に留学へ行けるように、留学費用の見積もりを早めにしてもらい、余裕を持った資金準備をするのがおすすめ。

とはいえ、資金準備が間に合わない方もいるのではないでしょうか?

そこで、ここではビクトリア留学費用を抑えるための5つのコツを紹介します。

さや

当時学生だったので、「できるだけ費用を抑えて行きたい!」と私も考えていました。

費用を抑える5つのコツ
  1. キャンペーン価格の学校に通う
  2. 航空券を早めに購入する
  3. 適切な留学期間を設定する
  4. 海外保険はクレジットカードで代用
  5. 洋服は日本から持っていく

コツ①:キャンペーン価格の学校に通う

留学エージェントを通すことで、「入学金無料」「授業料○%オフ」などキャンペーン価格が適用される場合があります。

(※キャンペーンを打ち出している学校に限る)

また、手数料無料の優良エージェントを選べば、個人手配するのと同価格、もしくはお得に留学できるのです

エージェントに留学相談もできるため、留学中の不安感も減ります。

さや

留学エージェントについては、こちらで紹介しています!

コツ②:早めに航空券を購入する

早めに航空券を購入する

航空券は、基本的に満席に近くなればなるほど価格が上がるため、できるだけ早めに購入するのがおすすめです。

航空券の選び方が分からない場合は、留学エージェントと相談しながら購入しましょう。

コツ③:適切な留学期間を設定する

当然ですが、留学期間が長くなればなるほど、留学費用も高くなります。

そのため、目指す英語力や予算に合わせた留学期間を設定しましょう

さや

予算に合わない留学期間にすると、現地で節約生活をしなくてはなりません。

また、英語学習は日本でもやろうと思えばできます。

予算と相談しながら、「帰国後はオンライン英会話をやってみよう」など、現地で学ぶ以外の手段を検討してみてくださいね。

コツ④:海外保険はクレジットカードで代用

短期間の留学なら、クレジットカードに付帯している海外保険で代用できます。

さや

クレジットカードで代用することで、海外保険の費用が無料になるのです。

クレジットカードによって「保険適用期間」「保険適用条件」が異なるため、事前に確認しておきましょう。

中には、海外保険機能がついていないクレジットカードもあるので、注意が必要です。

海外保険が付帯されていて、かつ留学におすすめなクレジットカードはです。

エポスカードがおすすめな理由
  • 入会費、年会費無料
  • エポスカードを持っているだけで海外旅行保険が付帯
  • 無料カードなのに、補償が手厚い

はカードを持っておくだけで、海外旅行保険が付帯されます。

中には、「航空券をこのカードで購入しないと適用しない」などの条件があるクレジットカードも。

そのため、留学中にエポスカードを使わなかったとしても、保険がおります。

さや

なんと、エポスカードの補償の手厚さは有料カードとほぼ同じ。

「疾病治療費用」の補償額を例に挙げると、有料カードに負けていないことが分かります。

エポスカード(年会費¥0)270万円
三井住友カードゴールド(年会費¥10,000)300万円
JCDゴールド(年会費¥10,000)300万円
AMEXカード(年会費¥29,000)300万円
MUFGカード(年会費¥1,950)200万円
楽天カード(年会費¥2,000)200万円
さや

留学前に作っておいて損のないクレジットカードだと言えます。

保険適用は日本を出発してから最高90日なので、短期留学の場合はで代用しましょう。

\ エポスカードなら最短即日発行 /

コツ⑤:洋服は日本から持っていく

洋服は日本からもっていこう

現地で洋服を買うお金を抑えるために、洋服はできるだけ日本から持っていきましょう。

シャンプーやリンスなどの日用品を日本から持っていくより、洋服のほうがおすすめです。

その理由は、海外の洋服はシンプルなデザインで生地も薄いものが多いから。

さや

海外の洋服が好みではない場合、帰国時に処分する留学生もいます。

現地に行くと分かりますが、ユニクロのような「高品質、低価格」の洋服はあまり見つかりません

日用品は海外製でも満足に使えるので、洋服を優先的に持参しましょう。

ビクトリア留学にはエージェント利用がおすすめ

ビクトリア留学にはエージェント利用がおすすめ

ビクトリア留学がしたいな思ったら、留学エージェントを利用しましょう。

エージェントを利用するメリット
  • あなたに合った都市や語学学校を紹介してくれる
  • 学校の入学手続きなどを代行してくれる
  • 留学前、留学中に困ったことがあれば相談できる
  • ホストファミリーを探してくれる

このように、エージェントを利用すれば、留学に関する不安ごとを一気に解消できます

さや

ビクトリアもエージェントから紹介された都市。私の性格とマッチした留学先でした……!

とはいえ、エージェントを利用した留学生の中には、「エージェントを利用したら高くなった」という声もあります。

その理由は、上記のサポートに「手数料」を請求するエージェントを選んでしまったからです。

しかし、手数料が無料の優良エージェントを選ぶことで、料金の上乗せはされず、最安値で留学できますよ

さや

留学エージェントを選ぶ際には、手数料は無料かどうかが大事なポイント!

「手数料が無料」「カナダ留学に特化した」優良エージェントは、カナダジャーナルです。

年間1000名を超える留学生が利用しているエージェント。留学サポート実績も多く、信頼できます。

カナダジャーナルの特徴
  • 1981年創業の老舗エージェント
  • 学校手続き、サポートが無料
  • 厳選された優良学校のみ紹介
  • 日本人カウンセラーによる丁寧なサポート
引用元:

カナダジャーナルは、学校手続きや現地でのサポートも全て無料です。

また、カナダジャーナルを利用する留学生が多いからこそ、「留学生の生の声」を多く持っているのもカナダジャーナルの魅力。

そのため、視察や留学生からの評判をもとに、優良学校のみを紹介してくれるので安心です。

ホームステイ先の手配も可能なので、ホームステイをしたい方にもカナダジャーナルは最適だと言えます。

カナダジャーナルが気になると感じたら、まずは無料カウンセリングを受けてみましょう。

さや

留学予算に合わせた留学プランを提案してくれます。

カナダジャーナルでは、無理な勧誘は一切ないので、安心して無料カウンセリングを受けてみてくださいね。

\ 無料カウンセリングを受けてみる /

まとめ:留学費用を抑えつつ、充実したビクトリア留学にしよう!

まとめ:留学費用を抑えつつ、充実したビクトリア留学にしよう!

エージェントを通したり、海外保険をクレジットカードにしたりすることで、留学費用を抑えられます。

カナダは留学費用が比較的安めなので、できるだけ費用を抑えて留学したい方にもおすすめな国です。

また、留学エージェントを通して留学することで、スムーズに留学準備を終えられたり、留学への不安感を少なくしたりできますよ。

手数料無料のカナダジャーナルは、費用を抑えて留学したい方にピッタリなエージェント。

留学費用の見積もりや、留学に関する相談や質問は、無料カウンセリングで聞いてみてくださいね。

\ 公式HPはこちらから /

目次
閉じる