1ヶ月のビクトリア留学費用はいくら?費用を抑えるコツも解説【カナダ】

カナダは、英語圏の中で最も留学費用が安いと言われていて、英語もクセがなく綺麗で、留学先として人気の国です。

留学に行こうと思ったら、1番大事なのは資金準備。英語の勉強は、直前でも最悪なんとかなりますが、資金は確実に準備しておかなくてはいけません。

そこでこの記事では、カナダのビクトリアに1ヶ月間留学した私が、実際にかかった費用を紹介します。

留学費用を抑えるコツもシェアするので、費用を抑えて行きたい方は参考にしていただけると嬉しいです。

この記事を読むことで、ビクトリア留学の費用感がわかり、資金準備の計画が立てやすくなりますよ!

※執筆当時(2020年11月)のレートで日本円に換算しています。

目次

1ヶ月のビクトリア留学費用と内訳は?

カナダ1ヶ月留学の費用

結論から言うと、1ヶ月で約37万円かかりました。

内訳は以下の通り。

内訳値段
語学学校約11万
ホームステイ約9万
往復航空券約13万
ビザ約500円
海外保険0円
生活費約4万

内訳の補足をしていきます!

語学学校

フルタイムのコースを申し込みました。

語学学校の内訳をさらに分けるとこんな感じ。

入学金約1万2千円
教材費約8千円
授業料約9万円

オーストラリアの語学学校に通ったときは、月15万近くかかりました。

さや

カナダは、留学費用が安いって本当ですね…

ホームステイ

ホームステイ

短期留学の場合、ホームステイで滞在する人がほとんどです。

ホームステイの内訳をさらに分けるとこんな感じ。

ホームステイ手配料約1万5千円
ホームステイ滞在費約7万円
空港送迎(往復)約5千円
さや

3食分の食費も込みです。食費込みかは、手配を担当する会社によって異なります。

空港送迎は、到着と帰国時に、ホストファミリーに家と空港間を送迎してもらう代金。

重い荷物とともに、慣れない公共交通機関を使うのはハードルが高いので、空港送迎つけるのがオススメです。

往復航空券

エアカナダのチケットを取りました。

エージェントに手配してもらうこともできますが、比較サイトなどを使いながら自分で手配することも可能です。

ビザ

カナダの場合、6ヶ月以内の滞在であれば「観光ビザ」で入国可能。

さや

つまり、学校に通っても、旅行者扱いになります。

ビザを入手するために、eTa(電子渡航認証)を取得するのですが、そのときに約500円かかります。

海外保険

海外では、日本の保険証はもちろん使えず、病院にかかると10割負担しなくてはいけません。

そのため、海外保険に加入しておきましょう。

クレジットカードに海外保険が付帯している場合があり、短期滞在の場合はクレジットカードで代用可能です。

さや

私もクレジットカードを保険代わりにしたので、保険料は0円でした!

留学で1番おすすめなクレジットカードが、です。カード発行料も、年会費も無料。

保険額が、年会費有料のカードなみに手厚いので、「本当に無料でいいの?」と思うほど。

で決済をしなくても、保険が適用されるので、持っておいて損はありません。

マルイでカードを受け取れば、最短即日発行も可能です。そのため、留学まで時間がなくても間に合います!

\公式サイトをみてみる/

生活費

生活費の内訳

生活費は4万円でした。私は外食、飲み会、旅行に行かなかったので、相当少ない方に分類されます。

さや

毎日お金をかけずに、ホストファミリーと遊んでいました(笑)

生活費は、少なくとも月10万は準備しておくと安心です!

留学費用を抑えるコツ4つ

カナダ留学をした当時は、大学生。社会人のようにお金があるわけでもなかったので、費用を抑えて行く必要がありました。

そこで、私も実践していた留学費用を抑えるコツを紹介していきます。

割引価格で語学学校に通う

エージェントを通して語学学校に申し込むと、キャンペーン価格で入学できる場合があります。

さや

「エージェントだと料金上乗せされそう…」と思う方が多いですが、ちゃんとしたエージェントを選べば、むしろ安くなります。

全ての学校に適用するわけではないので、費用を抑えたい方は、キャンペーン価格で入学できる学校から選ぶといいですよ。

カナダ留学でオススメなエージェントは、

カナダに特化したエージェントなので、カウンセラーの方もカナダに詳しい方ばかり。信頼して相談できます。

サポート料金は無料。エージェントを通さず手配する留学と料金は変わりません。

先述の通り、キャンペーン価格の学校を選べば、むしろお得です。

学校が決められてない方も、まずは無料カウンセリングを受けてみることをオススメします。

さや

「キャンペーン価格で学校に通いたい」と相談すれば、費用重視であなたに合った学校を提案してくれますよ。

カウンセリングを受けたからといって、留学に必ず行かなくてはいけないわけではないので、ご安心くださいね。

☆ 無料カウンセリングはこちらから ≫≫

早めに航空券を購入する

早めに航空券を購入する

航空券は、満席に近くなればなるほど価格が上がる傾向があります。

そのため、出来るだけ早めに購入しておくといいですよ。

航空券は1つの航空会社に絞って検索するより、比較サイトを使って色んな航空会社をまとめて検索した方が、最安値の航空券が簡単に見つけられます。

私が海外航空券を探すときはスカイスキャナーを利用しています。

フリーWiFiで生活する

海外では、現地のSIMカードを購入しないと、電話番号での電話やデータ通信をすることができません。

ただ、1ヶ月程度の留学であればフリーWiFiでも生活可能です。

しかし、街中ではフリーWiFiがないともちろん接続できないので、少し不便な生活にはなります。

ホストファミリーの家や、語学学校にもWiFiがあったので、私はフリーWiFiだけでなんとか生活できました!

さや

どうしても外で接続したいときは、スタバやマクドナルドのフリーWiFiを使っていたよ。

洋服はすべて日本から持っていく

洋服は日本からもっていこう

現地で洋服を買うお金を浮かせるために、洋服はすべて日本から持っていきましょう。

シャンプーやリンスなどの日用品を日本からもっていくより、洋服をもっていくのがオススメです。

なぜなら、海外の洋服はシンプルでテロテロなのが多いから。

そういう素材が好みならいいのですが、帰国時に捨てることになるのは、もったいないですよね…。

さや

安くて、いい服が手に入る日本はすごいですよ!

現地で洋服代を使わないように、日本から持っていきましょう!

経験者だからこそわかる、ケチるべきではない費用は?

私が留学に行って「ここはケチらなくて正解だった!」と感じた費用を紹介します。

空港送迎

空港送迎

留学生は全員、空港送迎をつけるべき。

なぜなら、重い荷物を持って、公共交通機関でステイ先まで向かうのは難易度が高すぎるから。

私は送迎を頼みましたが、長いフライトと時差ボケから、ビクトリア空港に到着した時点でクタクタでした…。

さや

ここからスーツケースを持って、自力でステイ先まで行くのは、確実に無理。汗

ホストファミリーのお家は、中心地から少しはずれた場所にある場合がほとんどです。

そのため、主要な駅からさらに移動をしなくてはいけません。

あまりにも到着が遅いと、ホストファミリーを心配させてしまうし、最終的には迎えにきてもらうことになるかも。

さや

迷惑をかけないためにも、空港送迎は必ず手配しておきましょうね!

海外保険

海外保険は1ヶ月であろうと、ケチらず申し込んでおくことをオススメします。

短期留学の場合は、クレジットカードでも代用できるので、発行しておきましょう。

☆ 海外保険におすすめな無料のクレジットカード ≫≫

海外では環境が変わり、日本では想定しなかった出来事が起きる場合があります。

私がカナダで経験したのは、生理痛が原因でバス内での失神。

さや

日本では、こんなこと一切起きなかったのでびっくりです…

座った状態で失神したので誰にも気づかれず、数分後に意識が戻ったので、病院に行くことにはなりませんでした。

しかし、道で同じことが起きていたら、確実に救急車で搬送されていたと思います。

このように、海外では何が起こるか分からないので、念のため海外保険の準備をしておきましょう。

まとめ:余裕をもって資金準備しよう!

最後に、今回の記事のポイントをまとめます。

まとめ
  • ビクトリア1ヶ月留学の費用は37万円
  • エージェントを通して、割引価格で語学学校に通おう
  • 早めに航空券を買おう
  • フリーWiFiで生活することで節約可能
  • 洋服は日本からすべてもっていこう
  • 空港送迎と海外保険はケチらないこと

現地で節約しすぎるのも、せっかくの留学生活を楽しめないので、資金は余裕をもって準備しておくといいですね。

少しでも参考になれば嬉しいです。

質問・リクエストについて

・記事内のことで質問がある

・こんな記事を書いてほしい

 

などのご要望がありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる