ビクトリア留学の体験談。初めての海外留学は、行動力を高めてくれた【カナダ】

大学生の長期休みを利用し、1ヶ月のカナダ、ビクトリア留学を経験しました。

さや

初めての海外渡航ということもあり、一生記憶に残る留学です。

この記事では、私のビクトリア留学体験談をお伝えします。

留学に興味のある方が、「留学って、こんな感じなんだ〜」と、少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

目次

留学をするきっかけ

私は小学6年の頃に海外ドラマにハマり、そこから英語の勉強をするようになりました。

海外渡航に憧れ続けていたものの、海外旅行をするような家庭ではなかったので、大学生まで1度も日本から出たことがなかったです。

大学では、長期休みを利用して短期留学をする友達が多く、「私もしたいなぁ…」と思っていました。

さや

国際系の学部だったので、海外に興味のある友達が多かったというのもあります。

「留学=お金持ちがするもの」という先入観があり、「自分には無理でしょ」と思っていました。しかし、金額をシュミレーションしてみると、自力で貯めたお金でも留学できるかもしれないと気づきます。

留学国は迷わずカナダに決めていました。なぜなら、当時、カナダ留学生のライブ配信を見ていたからです。(単純)

その方にすぐ連絡をしたところ、「留学するならエージェントを通した方がいいよ!」とアドバイスをもらいました。

エージェントと相談しながら、都市と学校決めからスタート

お任せしたいエージェントを決めつつ、各社のカウンセラーと都市、学校決めからスタートします。

時間に余裕のある方は、複数のエージェントに問い合わせることをオススメします。基本的には、手数料無料のエージェントを選べばお金の面で失敗はしませんが、カウンセラーとの波長が合わない場合があるからです。

また、国や学校決めの段階で、さまざまなカウンセラーさんから意見を聞いてみるのもいいですよ。

その結果、ビクトリアという都市がビビッときました。

なぜなら、ビクトリアは、都会と田舎のいいとこ取りをしている都市で、都会嫌いな私にピッタリだったから。

学校は、スピーキングに力を入れているinlinguaに決定。

さや

キャンペーン価格で入学できたので、学費がお得になりました!

ビクトリア留学へ向けて、英語の勉強!

語学学校から入学許可証が届き、航空券を購入し、留学する実感がじわじわ湧いてきました!

初めての留学に向けて、英語の勉強を入念にしました。しかし、「本当にカナダ人とコミュニケーション取れるのかな…」という不安は、いくら英語を勉強しても消えなかったです。

留学へ向けての勉強は、新しいことを覚えるよりも、復習を重点的に行うようにしました。なぜなら、新しいことを覚えていると「全然できてないじゃん…」と不安感が増してしまうから。

さや

留学直前の勉強は、復習メインでやっていきましょう。

ついに、ビクトリア留学の出発日!

ついに、ビクトリアへ向かう日。海外生活がどんなものなのか分からなすぎて、持ち物チェックは何度も何度もしました。

家族が成田空港まで見送りにきてくれて、ちょっと泣きそうになったのを覚えています…。

国際線に乗るのも初めてだったので、機内に外国人がたくさんいるのも、新鮮でしたね。

さや

本当に日本から飛び立つんだ…と、ワクワクと不安でいっぱい。

機内で隣に座っていた日本人と仲良くなれたので、不安は少し消えたような気がします。

しかし、彼はバンクーバーが最終目的地だったので、バンクーバーでお別れ。こういう短期的な出会いがあるのも、旅や留学の醍醐味ではないでしょうか。

ホームステイ生活は、初っ端から涙の日々…?

不安とドキドキの中、ホームステイ生活が始まりました。

しかし、初っ端から悔しい思いをして泣くことに。その理由は、ホストファミリーみんなとご飯を食べるとき、英語が聞き取れなさすぎて話に入っていけなかったから。

そのせいでずっと黙り込んでいて、英語ができない悔しさと周りに気を遣わせてる申し訳なさから寝る前はいつも泣いていました。

確かに、ネイティブ複数と私で会話をするシチュエーションが今までなかったので「私って全然英語できないじゃん…」とショックでしたね。

その他のエピソードなど、ホームステイ生活の感想はこちらの記事に書いてます。

語学学校の入学日!ホストファミリーの家が安らぎの場所だと気付く。

ビクトリアに到着してから、3日後が語学学校の入学日でした。

どちらかというと人見知りだし、同年代の外国人と話したこともなかったので、不安でいっぱいだったのを覚えています。

初日は、オリエンテーションとレベルチェックテストを受けて帰宅。そのとき、「ホストファミリーの家にやっと帰れる〜」と感じている自分がいて、少し嬉しかったです。

なぜなら、ホストファミリーの家が自分にとって安らぎの場所になっていることに気づいたから。

さや

学校が始まるまでは、家の中でも気を遣ってると思い込んでいたけど、そうじゃなかったみたい。

1人で異国の地にきたのに、自分にとって落ち着ける場所を見つけられた気がして、ホッとしました。

留学中のハプニング…バスの中で失神?!

ビクトリア留学中のハプニングは、腹痛がひどすぎて、バスの中で失神したこと。

さや

腹痛がピークになると、冷や汗かいて意識飛びそうになるのですが、本当に意識無くしたのは初めてでした…

幸い、失神した場所がバスの車内で、なおかつ座った状態だったので、周りには気付かれませんでした。

しかし、立ち上がることが怖くてできず、土地勘ゼロの状態で終点まで乗車することに。運転手さんに事情を話したところ、ホームステイ先に電話をしてくださいました。

さや

電子辞書を見せながら、頑張って話しました笑

バスは折り返し、ホストマザーが最寄りのバス停で待っててくれました。本当に感謝です…。

このことから学んだのは、海外生活中は緊張やストレスから、日本では起きなかった身体の異変が起きるかもしれないこと。海外保険の準備は忘れずに!

語学学校の友達より、ホストファミリーとの時間の方が多かった!

ホストファミリーと思いのほか仲良くなれました。思い返してみると、このファミリーだったからこそ、ビクトリア留学が楽しいものになったと感じます。

正直、語学学校では深い友達ができなかったんです。ホストファミリーと仲良くなってから、学校が終わった瞬間に帰宅していたので、疎遠を加速させたのは私なんだけど。笑

ホストファミリーとは、毎日必ず遊んでいました。サイクリングに行ったり、お菓子を買って映画を見たり、庭にテントを張ってみたり…。

さや

10個くらい年下の子たちなので、複雑な英語を使わず話してくれて、それもまた勉強になりました。

1ヶ月の留学を終え、ビクトリアから帰国

人見知りだし、行動力も大してなかった私ですが、ビクトリア留学をしてから、行動力が確実に高まりました。

留学のおかげで、自分の英語力に少し自信がつき、その結果として、大学の友達には「そんなに授業で発言してたっけ!?」と驚かれるほど。

そして、海外旅行をする勇気や行動力もつき、ハワイやフロリダ、台湾に短期間で旅行しました。

たった1ヶ月だったかもしれないけれど、この短期間で自分が変われたことに驚きです。

さや

この留学がなかったら、フリーランスとして独立する勇気もなかったでしょう。

短期留学であれば、2〜3ヶ月バイトをすれば費用を貯められます。少しでも興味がある方は、その気持ちが薄れないうちに留学に挑戦してみてください。

ビクトリア留学にかかった費用は、こちちの記事に載せています。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

質問・リクエストについて

・記事内のことで質問がある

・こんな記事を書いてほしい

 

などのご要望がありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる