身分証なしのメールレディサイトは逆に危険?身分証を提示する3つの理由

身分証なしのメールレディサイトは逆に危険?身分証を提示する3つの理由

メールレディを始める際に避けては通れないのが、身分証の提示

メールレディは「好きな時間に稼げる」「ネット完結で稼げる」ため、怪しさを感じる人が多いです。

そのため、「身分証提示はせずにメールレディとして働きたい!」と思うのは当然のこと。

しかし、身分証提示なしのメールレディサイトのほとんどは、残念ながら悪質サイトです。

さや

ベテランのメールレディは、仮に新サイトがリリースされても「身分証提示なし」のサイトには登録しません。

この記事では、身分証を登録する理由や、身分証提示があるサイトほど安全な理由を紹介します。

この記事を読むことで、身分証提示に対する不安が軽減されるはずです。

目次

安全なサイトでメールレディするなら、身分証の提示は必須

安全なサイトでメールレディをするなら身分証の提示は必須

安全なサイトでメールレディをするなら、身分証の提示は必須です。

さや

メールレディを始める際には、一般的に以下の手順を踏みます。※詳しい手順はサイトごとに異なります。

メールレディの登録手続きの流れ
  1. 登録したいサイトの「登録ページ」へ進む
  2. 本名、生年月日、メールアドレスなどの情報を入力する
  3. ↑で入力したアドレス宛に仮登録完了メールが届く
  4. 「本人確認」のため指定の身分証を提示する

このように、メールレディの本登録を完了させるためには、身分証の提示が必要です。

基本的には、提示する身分証をスマホで撮影して、指定のアドレスに送信します。

親バレや、家族バレが心配で、身分証の登録に踏み切れない人もいるかもしれません。

しかし、大手のメールレディサイトに登録すれば、個人情報が悪用されたり流出したりする危険性は極限まで落とせます。

さや

知名度があり、信頼できるサイトに登録するようにしましょう。

【関連記事】メールレディは親バレする?親バレを避けるための対策3選

【関連記事】メールレディの大手ランキング5選!稼ぎやすくて、かつ安全性のあるサイトは?

メールレディで身分証の提示が必要な3つの理由

メールレディで身分証の提示が必要な3つの理由

メールレディサイトで本格的に仕事を開始するためには、身分証の提示が必須です。

さや

「なぜ本人確認が必要なんだろう?」と感じる人も多いですよね。

ここでは、メールレディで身分証の提示が必要な理由を3つ紹介します。

身分証の提示が必要な3つの理由
  • 年齢確認をするため
  • 本人確認をするため
  • 性別を確認するため

理由①:年齢確認をするため

メールレディは、18歳以上しか登録できないと法律で決められています。

その理由は、メールレディの仕事内容が夜の接客業に近いからです。

そのため、身分証の生年月日を確認し、メールレディとして働ける年齢かどうかチェックしています。

さや

細かい年齢制限は各サイトによって異なります。例えば「熟女と話せる」がコンセプトなら、応募できる年齢も変わります。

年齢確認なく仕事ができるメールレディサイトは、違法行為をしているということ。

法律を守った運営をしている点で、年齢確認をするメールレディサイトは安全だと言えます。

理由②:本人確認をするため

本人確認をすることで、「不正に何回も登録していないか?」を確認しています。

メールレディでは、「新人ボーナス」を付与するサイトが多くあり、新規登録するだけでボーナス報酬がもらえます。

そのシステムを利用して、登録を繰り返しボーナスを不正に取得する悪質なユーザーを防いでいるのです。

さや

さらに、不正にアカウントをいくつも取得して、男性ユーザーに嫌がらせをするメールレディもいます。

このように、悪質なメールレディを排除し、サイト内の治安を守るために本人確認をします。

さや

本人確認は、私たちの職場(サイト)の治安を守るためにも必要なことです。

理由③:性別を確認するため

当然ながら、メールレディは女性しか登録することができません。

そのため、身分証の性別欄をチェックし「応募者が本当に女性であるか」を判断しています。

さや

もし、男性もメールレディに登録できるなら、「女性のフリをして男性ユーザーを騙す」ことが頻発します。

そうすると、メールレディサイトの印象も悪化し、騙された男性ユーザーがメールレディサイトを訴える事態になることも。

健全なサイト運営をするために、安全なサイトほど性別まで細かくチェックしています。

メールレディ登録時に提示する身分証は?

メールレディ登録時に提示する身分証は?

身分証をチェックすることで、「法律違反にならない運営」「サイト内の治安を維持する運営」ができています。

さや

つまり、身分証の提示があるサイトほど、安全だと言えるのです。

ここでは、メールレディ登録時に提示する身分証の種類を見ていきましょう。

提示する身分証の種類
  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民票、戸籍謄本
  • 学生証、社員証

ほとんどのサイトでは、上記の中から提示できる身分証を1つ選びます。

さや

使用できる身分証はサイトによって異なるので、チェックしておいてください!

身分証の提示方法

基本的には、スマホで身分証を撮影し、指定のアドレスに送信するか、サイト上の提出ページにアップロードします。

また、本人確認のために「身分証を手に持ち、顔と一緒に写した写真」も求められる場合があります。

さや

最初は戸惑うかもしれませんが、安心して提出してくださいね。

私も何度も提出していますが、毎回部屋着にスッピンなので、気を張らずに提出して問題ありません!笑

身分証の内容を全て提示しなくてもOK!

メールレディ登録時に運営会社が確認したいのは、

  • 女性かどうか(顔写真)
  • 応募条件に適した年齢であるか(年齢)
  • 何度も不正に登録していないか、別の人の身分証ではないか(本名)

この3点なので、住所やパスポート番号などは黒塗りで隠せます。

さや

隠せる具体的な箇所は記載されているので、案内を見ながら実施してください。

身分証が悪用される可能性はある?

身分証が悪用される可能性はある?

メールレディの登録時には、住所を教える必要はありません。そのため、少しホッとした人も多いのではないでしょうか?

さや

とはいえ、身分証が悪用されたら……と不安になりますよね。

結論から言うと、安全で大手のメールレディサイトであれば、身分証が悪用されることはありません。

「個人情報の流出、悪用」は運営会社にとってデメリットでしかないので、きちんと運営している会社ほど、個人情報は慎重に扱います。

さや

これまで10サイト以上に登録しましたが、困った経験はありません。

先に述べたように、住所やマイナンバーなどの情報は提出する必要がありません。不安な人は、案内に従い最低限の個人情報だけを提出しましょう。

まとめ:身分証の提示が必要な大手サイトで、安全に始めよう!

まとめ:身分証の提示が必要な大手サイトで、安全に始めよう!

初めてメールレディに登録するなら、なおさら身分証の提示が不安になるはず。

しかし、大手サイトであれば、個人情報の取り扱いもしっかりされているので、安心して始められます。

さや

メールレディを安全に始められるかどうかは、最初のサイト選びにかかっているということ。

下記の記事では、私が実際に利用していて、メールレディの間でも有名なサイトをまとめています。

この中から選んで登録すれば、詐欺などの怖い思いをすることはありません。

【関連記事】安心して稼げるメールレディ5選!この5つに登録すれば間違いなし!

大手サイトならサポート体制もしっかりしていて、実績もあるので稼ぐためのコツも教えてもらえます。

まずは、身分証提示の壁を乗り越えて、メールレディへの一歩を踏み出しましょう!

目次
閉じる