エージェントなしでオーストラリアワーホリに行ってもOKな2つの理由

エージェントなしで、オーストラリアのワーホリへ行っても大丈夫?

という疑問にお答えしていきます。

語学学校に通わない方は、エージェントのサポート対象外になることが多いため

エージェントを使いたくても使えない。ということもありますよね。

さや

エージェントは”語学学校の紹介料”で経営しているため、語学学校に入学してもらえないと利益がない=サポートできないんですよね。

結論、エージェントを使わなくてもオーストラリアのワーホリへは行けますし、

「エージェントを使わないと失敗する」とは一概に言えません◎

この記事を読んでいただくと、

  • エージェントなしでもオーストラリアのワーホリに行ける理由
  • エージェントなしでワーホリをするデメリット

がわかります。

不安に感じている方は、ぜひこの記事を読んでいただけると嬉しいです( ´ ▽ ` )

目次

エージェントなしでもオーストラリアワーホリに行ける2つの理由

エージェントなしでも、オーストラリアワーホリに行っても大丈夫な理由は、

  • ネット上に解説しているブログ記事がたくさんあるから
  • なんだかんだ言って、困った時に頼るのは周りにいる友達

この2つです。

エージェントを使わないことにあなたが不安を感じる理由は、

現地で困ったときに頼れる相手がいないから

というの1番大きいのではないでしょうか?

エージェントを通してワーホリを申し込むことで、

  • ビザの申請
  • ワーホリへの持ち物
  • 家、仕事探し
  • 銀行口座の開設方法

など、ワーホリ渡航者には欠かせない知識をエージェントの方が教えてくれるんですよね。

ですが、上記に書いた項目は全てワーホリ経験者がブログを通して解説してくださっています。

「オーストラリア ビザ申請 方法」

「オーストラリア ワーホリ 持ち物リスト」

「オーストラリア ワーホリ 家探し 方法」・・・

このように検索窓で検索してみてください( ´ ▽ ` )

詳しく、わかりやすく解説されているブログがたくさんあります。

そのため、エージェントを通さなかったから情報が何も得られないということにはなりません

そして、ブログだけでなく、あなたより先に到着した周りの友達に教えてもらうことだってできます。

ブログ記事を読んだり、周りの友達に聞いたりすれば、ちょっと困ったことがあっても解決できそうな気がしませんか?

オーストラリアのワーホリで、エージェントを使わないデメリットは?

デメリット①:キャンペーン料金で語学学校に通えない

語学学校に通わずワーホリへ行く方には関係がない項目なので、ここは読み飛ばしてOKです。

エージェントを通すことで、自力で申し込むよりもお得に入学できることがあります

キャンペーンを行っている語学学校は時期によって異なるため、あなたが入学したい時期に、入学したい学校がキャンペーンをやってるとは限りません。

キャンペーンの内容としては、

  • 入学金免除
  • 授業料割引

このどちらかを実施している学校が多いです( ´ ▽ ` )

私はオーストラリアワーホリでエージェントを使って渡航したのですが、

その理由は、キャンペーン料金で語学学校に入学できるからです。

もちろんサポート料金が無料のエージェントを選んだため、料金の上乗せもありませんでしたし

キャンペーン価格になった授業料の支払いのみでOKでした。

語学学校に通うことを検討している方は、

エージェントを上手く選び、キャンペーン価格を打ち出している語学学校に入学すれば

「エージェントを通すことで、逆にお得になる」ので、エージェントを通すことも視野に入れてみてくださいね♪

デメリット②:困った時に頼れる存在がいない

サポートしてくれるエージェントの方は、留学のプロですし

オーストラリアの最新情報を知っています。とても頼りがいがありますよね。

ですが、エージェントを通さなくても

  • オーストラリアワーホリ経験者のブログを見る
  • 周りの友達に聞く

ことで、解決できちゃう場合がほとんど。

私も、オーストラリアに到着してエージェントに連絡することは1度もなくて、

ブログ記事を読んだり、周りの友達に聞いたりしてました( ´ ▽ ` )

そのため語学学校に通わないワーホリ勢は、特にエージェントを通さなくても大丈夫なんですよ〜!

まとめ:エージェントを使わないと失敗するとは言えないよ!

結論、オーストラリアのワーホリでエージェントを使わなくても大丈夫です。

このブログでも、エージェントなしでオーストラリアのワーホリへ行く方が、困ったときに参考になるような記事を執筆していきます。

エージェントを通せないから・・・と悲観的になるのではなく、

オーストラリアのワーホリに行ける環境があるのですから是非行けるうちにチャレンジしてくださいね!

ではでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

質問・リクエストについて

・記事内のことで質問がある

・こんな記事を書いてほしい

 

などのご要望がありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる