カナダ留学中に気をつけるべきこと6つ伝えたい!【日本と違う点は?】

留学をすると、現地の常識や文化が違いビックリすることが出てくると思います。

それが新しい気づきで終わればいいですが、中には留学生活が台無しなったり無駄になったりするような出来事も起きるでしょう。

なので、出発前に気をつけるべき点を知っておく必要があります。

この記事では、カナダを含め3カ国の留学を経験した私が、カナダ留学中に気をつけるべき点を6つまとめました!

悩むくん

カナダ留学中に気をつけるべきことを事前に知りたい!

困るちゃん

日本とここは違う!ってところはあるのかな?

このような方は、ぜひこの記事を参考にしていただけると嬉しいです(^_^)

目次

カナダ留学で気をつけること6選

  1. 夜に1人で出歩かない
  2. 貴重品の管理を徹底する
  3. 目標をもって留学する
  4. 日本人との付き合い方を考える
  5. 思っていることはハッキリと伝える
  6. 接客態度に驚かない

夜に1人で出歩かない

日本では、深夜に1人で出歩くことは普通に行われているのではないでしょうか?未成年の頃は”補導”がありましたが、成人なら普通に出歩けますよね。

でも、カナダでは日本と同じ感覚で出歩くのはやめましょう。

留学生が住む場所は、中心地ではなく少し外れた場所が多いと思います。

さや

私がカナダで住んでいた所も中心地からバスで15分ほど離れた住宅地でした。

夜は車もほとんど走ってなく、人もいなくて、街灯も多いわけではないので本当に真っ暗です。

日本では駅近に住んでいる場合、夜でもお店が営業していたり、街が明るかったり、人通りもあったりしますよね。

でもカナダのような車社会の国では、超真っ暗なんですよね。(もはや外に出るの怖いってこっちから思うほど・・・笑)

夜に出歩いていて、何かあってもそもそも人が歩いていないので助けてくれません。

カナダ留学中は暗くなる前に帰宅するように心掛けましょう!

貴重品の管理を徹底する

カナダでは、貴重品の管理に気をつけましょう。

席取りのためにバッグやコートを置いておくのも超危険です!

カナダに限らず、海外では日本以上にスリが横行しています。

私は、海外で必ず貴重品はバックパックの奥底に入れて、混雑する場所ではバックパックを前に背負うように心掛けています!

さや

「やりすぎじゃね?」て思われるかもだけど、取られて後悔したくない!

私の友達は車内にスーツケースを置いて別の場所に行ったのですが(外から見えるような所に)車の窓を割られてスーツケースの盗難に遭いました。日本なら、持ち運ぶ必要がないものを車内に置くって普通だったのでビックリしました・・・。

カナダで気をつけること
  • 自分の物を置いて席取りしない
  • スマホや財布はポケットに入れて歩かない
  • バックパックを背負うときは背後に気をつける
  • 口のあいているバックを持ち歩かない

日本人という(外見)だけでターゲットにされやすいので、気をつけましょう!

さや

日本人=裕福っていう考えがあるみたいなんだよね。

目標をもって留学する

当たり前っちゃ当たり前なのですが、目標をもって留学しましょう

頭ではわかっていても、現地に着くと夢の海外生活に浮かれたり、友人関係が広がると遊びがちになるんですよこれが!笑

友達と遊ぶことに否定はしません。ただ、留学をするってことは英語力をあげたい方が大半だと思うので、そう考えると英語力がちっとも伸びなかったんじゃ意味ないですよね。

「自分はなぜカナダに行くのか」「帰国した時に、どんな姿でありたいのか」この点をしっかり出発前に考えて渡航しましょう☆

日本人との付き合い方を考える

よく「日本人と距離を取れ!」「日本人とは関わるな!」というのを見かけますが、私は現地で日本人と関わることに対して賛成派。

さや

むしろ関わった方がいい!◎

現地で出会う日本人って、普通に日本で出会う日本人となんか違うんですよね!!(現地に行ったらこの意味がわかるはず!笑)

行動力がぶっ飛んでたり、自由な生き方をしていたり・・・、今までの経歴や将来についての話を聞くだけで本当に面白いんです(^_^)

留学中に必ず悩み事は起こるので、そんな時に英語ではなく日本語で相談できる友達がいるのは留学生活の支えになります。

正直、私も最初は「日本人と関わったら英語向上の邪魔になる」と考えていましたが、その考えは辞めました。

留学先で出会った日本人とは、高確率で長い仲になっていて、もはや学生時代の友達より留学中の友達の方が関わっています(笑)

とは言っても、日本人だけ関わるのはもちろんNG!

さや

何事もバランスが大事だね^^

私は日本人+外国人のグループで仲良くなって、集まるときは必ず英語環境を作るようにしていました(^_^)

思っていることはハッキリと伝える

「言わなくてもわかるでしょ」とか「相手にいうのは遠慮しておく」こんな考えを持っている方は多いのではないでしょうか?

カナダでは、思っていることはハッキリと口に出して伝えます。YES・NOで答える文化です。

さや

元々流されやすかった性格でしたが、意思をもって生きられるようになったのは海外生活のおかげだと感じています。

「察して欲しい」という考えは捨てて、カナダでは自分の意思をしっかりと伝えていきましょう!

接客態度に驚かない

「お客様は神様」「おもてなし」の言葉が象徴するように、日本の接客態度って素晴らしいんです・・・!

姿勢よく立ってるし、ニコニコ笑顔だし、丁寧だし・・・挙げるとキリがありません。

でもカナダに行くとその考えが当たり前ではないと気付かされます(笑)

スマホいじってる、笑顔なし、フレンドリーすぎる、ちょい雑、店員同士でめちゃくちゃ話す・・・こんな感じなんです!

日本も少し緩くすれば仕事のストレスが減りそうなのに〜と考えますが、これも日本の特徴で、いいところとも言えますよね☆

これが海外の接客かぁ〜(^。^)って感じで、ぜひ楽しみにしてもらえたらと思いますw(←誰)

現地でのトラブル対策のために!

カナダ留学で気をつけるべきことをまとめました。

  1. 夜に1人で出歩かない
  2. 貴重品の管理を徹底する
  3. 目標をもって留学する
  4. 日本人との付き合い方を考える
  5. 思っていることはハッキリと伝える
  6. 接客態度に驚かない

いくら気をつけていても、予想外のトラブルに巻き込まれる可能性はゼロではありません。

そんな時、日本にいる友達・家族に助けを求めることはできませんよね。

カナダのスペシャリストかつ、日本語で気軽に相談できる存在として留学エージェントがあります!

留学エージェントは、留学手続きの代行だけでなく、滞在中の相談にも乗ってくださいます。

さや

エージェントによってはLINEで会話が可能なので、気軽に相談できるよ(^_^)

留学エージェントを上手く選べば、サポート料無料の所もあるので、エージェント選びは慎重にしてくださいね☆

(無料だからといって、質が落ちることは一切ありません)

サポート料無料かつ、カナダ留学でおすすめなエージェントについてはこちらの記事で紹介しています。

事前の対策も大切ですが、現地で何か起きた時に頼れる先を事前に確保しておくことも同じくらい大切です。

みなさんが安心して留学生活を送れますように☆

最後まで読んでいただきありがとうございました!

質問・リクエストについて

・記事内のことで質問がある

・こんな記事を書いてほしい

 

などのご要望がありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる