カナダ留学中に気をつけるべきこと5選【後悔しない留学のために】

留学をすると、現地では当たり前の常識や文化に驚くことが多々あります。

日本と同じように生活していたら、トラブルに巻き込まれる可能性もあるわけです。

そこでこの記事では、カナダ留学を1ヶ月経験した私が、留学中に気をつけることを5つ紹介します。

この記事を読むことで、カナダ留学中の注意点がわかり、後悔しない留学にできますよ。

目次

カナダ留学で気をつけるべき5つのこと

  1. 夜に1人で出歩かない
  2. 貴重品の管理を徹底する
  3. 目標をもって留学する
  4. 日本人との付き合い方を考える
  5. 思っていることはハッキリと伝える

夜に1人で出歩かない

日本において深夜に1人で出歩くことは、成人しているなら普通にあり得ることですよね。

さや

地方に住んでいる方は気をつけるかもしれないけれど、都心住みなら深夜でも街は明るいです。

しかし、カナダ留学中は日本と同じ感覚で夜間に出歩くのは控えましょう。

カナダは車社会。住宅街であればお店がそばにあるわけではないため、お店の明かりもなく真っ暗になってしまいます。

私がカナダで住んでいた家は住宅街にあったため、日が落ちると足元が見えなくなるくらいでした。

留学生が住む場所は中心地ではなく少し外れた住宅街が多いため、どこも夜は真っ暗でしょう。

夜は車もほとんど走っておらず、もちろん人もいません。

そんな中で何か危険な目にあっても助けてくれる人がいないため、暗くなる前に帰宅しましょう!

貴重品の管理を徹底する

カナダ留学中は、貴重品の管理により一層気を遣いましょう。

日本のカフェでは、席取りのために私物を置いておくのは常識の範囲内。

しかし、カナダで同じことをしてしまうと、確実に盗まれます。

さや

本当に本当に、日本は平和で安全なんです!

私が海外にいたとき、人混みではバッグパックを前に背負うようにしているほど徹底していました。

日本は安全な国なので、「やりすぎじゃない?」って思うくらいが海外ではちょうどいいんですよね。

他にも、私がカナダ留学中に気をつけていたことがあります。

カナダで気をつけていたこと
  • 自分の物を置いて席取りしない
  • スマホや財布はポケットに入れて歩かない
  • バックパックを背負うときは背後に気をつける
  • 口のあいているバックを持ち歩かない

大切なものを盗まれてしまってからでは遅いため、カナダ留学中は徹底的に貴重品を守りましょう!

目標をもって留学する

最初は留学に目標をもって生活できている場合が多いですが、気の緩みから「ただ海外で生活している人」に変わることがあります。

英語を伸ばしたいと思って留学している留学生がほとんどなはず。しかし、カナダでただ生活しているだけでは英語は伸びません。

あなたがどんな目標を持って留学するのか留学中も思い返せるよう、メモに書いて渡航するといいでしょう。

さや

留学の思い出ばかり増えて、英語力に変化がなければ意味ないですからね。

日本人との付き合い方を考える

どんな穴場に留学しても、日本人とは必ず遭遇します。

「日本人と関わるな!」と言っている方も見かけますが、私は現地で日本人と関わることに前向きです。

現地で出会う日本人って、日本で出会う日本人とはどこか違うんですよね。

行動力が高かったり、自由な生き方、考え方をしていたり。その方の経歴や将来の話を聞くだけで、本当にワクワクしてくるんです。

そして、母国語が通じる友達がそばにいることは、メンタルの安定にも繋がります。

海外生活で起きる悩みには、日本人だからこそ共感してもらえることが多いからです。

そのため、日本人を極端に避けるのではなく、付き合い方を考えながら留学生活を送りましょう。

どうしても日本語で話さないといけないとき以外は、英語でコミュニケーションを取ってみたり、外国人の友達も交えて遊んでみたり工夫ができるはず。

さや

留学先で日本人と出会うことも大切だと、何度も留学して感じました。

思っていることはハッキリと伝える

日本人は「言わなくても察してね」「相手に嫌われそうだから遠慮しとこ…」といった考えを持っている方が、多いのではないでしょうか。

カナダでは、思っていることをハッキリと口に出して伝えます。

私は元々人に流されやすく、人と違ったことをすることや、何かに対して強い主張を持つことに勇気が持てない性格でした。

しかし、海外生活のおかげで性格はだいぶ改善されたと感じます。意志をもって生きられるようになり、人と違うことをしたかったら、そのことをする勇気も今はあります。

「察してほしい」という考えは捨て、カナダでは自分の意思をしっかりと伝えていきましょう!

海外生活中は、気軽に相談できる存在をつくるのがカギ!

カナダ留学で気をつけるべきことを紹介しました。

  1. 夜に1人で出歩かない
  2. 貴重品の管理を徹底する
  3. 目標をもって留学する
  4. 日本人との付き合い方を考える
  5. 思っていることはハッキリと伝える

どれも私が身をもって感じたことです。このことを意識して生活していれば、トラブルに巻き込まれることや、後悔する留学になる確率がグンと下げられるでしょう。

しかしいくら注意していても、予想外のトラブルに巻き込まれることだってあります。

そんなとき、カナダ留学をサポートしてくれる留学エージェントと繋がっておくことが最善策です。

留学エージェントは留学前のサポートをしてくれるというイメージがあるかもしれませんが、留学中も手厚いサポートをしてくれます。

さや

日本にいる家族に相談しても解決策は見つかりません。「こういうとき、カナダではどうしたらいい?」がわかるのはエージェントだけ。

私も1人ぼっちで海外に行くことはとても不安でしたが、「いつでもエージェントと連絡取れる!」というのが安心材料になりました。

カナダ留学でオススメなエージェントは、カナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】 。

カナダに特化したエージェントなので、カウンセラーの方もカナダに詳しい方ばかり。信頼して相談できます。

さや

サポート料金は無料のため、エージェントを通さず手配する留学と料金は変わりませんよ。

無料カウンセリングで、オススメの都市や学校を一緒に選んでくれます。

カウンセリングを受けたからといって、留学に必ず行かなくてはいけないわけではないので、ご安心くださいね。

☆ 無料カウンセリングはこちらから ≫≫ カナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】 

安心して留学生活を送れますように。

▼ こちらの記事も読まれています。

質問・リクエストについて

・記事内のことで質問がある

・こんな記事を書いてほしい

 

などのご要望がありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる