オーストラリアで自炊節約生活を送る5つのコツ!ワーホリで自炊は必須!

オーストラリアのワーホリでは、自炊生活が必須です。

日本にはすき家やサイゼリアなど、安くて美味しい外食チェーンがたくさんあります。

しかし、オーストラリアの物価は高く、気軽にレストランへ入れません……

そこでこの記事では、オーストラリアで自炊生活を送るコツと、私がよく食べていたメニューを紹介します。

さや

ワーホリ当時、私の料理スキルはかなり低かったので、誰でも実践できるはずです!

これからオーストラリアワーホリに行く方の参考になれば嬉しいです。

目次

オーストラリアのワーホリで自炊をする3つのメリット

オーストラリアのワーホリで自炊をするメリット

まずは、オーストラリアのワーホリで自炊生活を送るメリットを紹介します。

自炊をするメリット
  1. 節約につながる
  2. 健康的な食生活を送れる
  3. 生活スキルが上がる

メリット①:節約につながる

冒頭で述べた通り、オーストラリアの物価はとても高いです。

そのため、外食中心の生活を送ってしまうと、すぐに破産してしまいます。

さや

ラーメン1杯食べるだけでも、1,500円くらいしました。

とはいえ、オーストラリアの食材自体が高いかと聞かれたら、そうではありません

むしろ日本よりも安く手に入る食材もありますし、サイズも大きいです。

メリット②:健康的な食生活を送れる

自炊生活をすることで、健康的な食生活を送れます。

オーストラリアに限らず海外は、日本よりも大きいサイズのジャンクフードが豊富です。

さや

留学で一気に体型が変わる人が多いのは、このせいです……。

また、栄養をしっかり摂ることで、体調を崩しにくくなります

海外生活中は、体調により気を配るべきなので、外食と自炊のバランスをしっかり考えましょう。

メリット③:生活スキルが上がる

当たり前ですが、自炊生活を続けることによって生活スキルが上がります。

さや

私は、オーストラリアに来て初めて自炊をしました。

日本で自炊経験が皆無に等しかったので、最初は苦戦し、何度も親にテレビ電話したことも。

しかし、何度も挑戦することで、料理スキルが確実に上がっていることに気づきました

もちろん、難易度の高い料理はできないですが、「海外でもひとりで生活できる!」という自信につながったことを覚えています。

オーストラリアのワーホリで節約自炊生活を送る5つのコツ

オーストラリアのワーホリで節約自炊生活を送るコツ

自炊生活を送ることで、節約しながらワーホリを楽しめるとともに、健康面にも良い影響を与えてくれます。

とはいえ、「海外での自炊生活って難しそう……」を感じる方も多いのではないでしょうか?

そこでここでは、オーストラリアのワーホリで自炊生活を送るコツを紹介します。

節約自炊生活を送るコツ
  1. スーパーの割引商品を買う
  2. オーストラリアで安い食材を買う
  3. 夜ご飯とランチを同じものにする
  4. ウォーターボトルを持ち歩く
  5. レストランでバイトする

コツ①:スーパーの割引商品を買う

オーストラリアの代表的なスーパーは「coles」と「woolworth」です。

さや

この2つのスーパーはどこにでもあるので、どちらかは必ず近所にあるはず。

セールを毎週開催しており、日本では考えられない50%オフセールも高頻度でおこなっています。

そのため、お米や野菜などは、割引しているときに購入するのがおすすめです。

セール商品はローテーションなので、「あの商品は、そろそろ割引されそうだな」とだんだん分かるようになってきますよ。

また、「ALDI」というスーパーもあります。

ALDIが徒歩圏内だったので、ALDIでもよく買い物していました。

さや

ALDIはcolesとwoolworthに比べると、価格が安い印象でした。

コツ②:オーストラリアで安い食材を買う

できるだけ節約するためには、「オーストラリアで安い食材」を買うのがコツです。

さや

例えば、日本では安い「えのき」や「大根」は、オーストラリアでは高くなります。

このように、安いものが国ごとに違うので、その国の安い食材を使ってメニューを考えるといいでしょう。

オーストラリアで比較的安い食材は以下の通りです。

  • パン
  • パスタ
  • チーズ
  • ヨーグルト
  • じゃがいも
  • にんじん

一部にはなりますが、これらがオーストラリアで安いと言われる食材です。

コツ③:夜ご飯とランチを同じものにする

夜ご飯は多めに作っておいて、次の日のランチにまわすのも節約のコツ。

1回1回違う食材を使っていたら、それだけで食費がかさみます。

また、毎回自炊するのは大変なので、多めに作っておくことで負担も減りますよ

さや

ペンネを多めに作っておいて、数日間に分けて食べていました!

コツ④:ウォーターボトルを持ち歩く

オーストラリアの水は飲めるので、スーパーでペットボトルを購入する必要はありません。

水道水が飲めない国もあるので、オーストラリアはその点では節約に最適だと言えます。

さや

オーストラリアでは、常に水を飲んでいました!

コツ⑤:レストランでバイトする

レストランの賄いを食事の一部にするのも、オーストラリアで節約するコツです。

日本食レストランも多くあるので、日本食が無料で食べられるチャンスでもあります。

賄い目当てでバイトを決めるのは長続きしませんが、良いと思ったバイト先に賄いが付いていたら、その環境を上手に利用しましょう。

オーストラリアでの自炊メニュー6選【料理スキルは低め】

オーストラリアでの自炊メニュー6選【料理スキルは低め】

オーストラリアではスーパーのセールをこまめにチェックし、1度に作る量を多くすることで、上手に自炊生活が送れます。

最後に、私が実際にオーストラリアで食べていたメニューを紹介します。

なお、オーストラリアに来てから料理を始めたので、料理スキルは低めです……。

さや

やさしい目で見守ってください。泣

メニュー①:シリアル

朝ごはんや小腹がすいたときは、基本的にシリアルを食べていました。

日本よりもシリアルの種類が豊富で、毎回違うものを購入するのが楽しかったです。

ヨーグルトや牛乳と一緒に食べたらもっと美味しいですよ。

メニュー②:サンドイッチ

ゆで卵をマヨネーズや胡椒で味付けし、食パンに野菜と一緒に挟みます。

さや

オーストラリアで売ってる食パン、多すぎて早く消費しないと腐ってしまいます……。

野菜もちゃんと取れますし、失敗することもないし、よく食べていました。

メニュー③:野菜炒め

塩胡椒で炒めるだけの、簡単野菜炒め。

冷凍の野菜も売っているので、一気に食べられなくても腐ることがなく安心です。

メニュー④:チャーハン

ウインナー、にんじん、玉ねぎを細かく切って、バターで野菜を炒める。

最後に、ご飯と卵を入れて塩胡椒で味付けするだけです。

メニュー⑤:オムライス

グリーンピースやコーンなどが入った冷凍野菜を使っていました。

ウインナー(豚バラ)と一緒にバターで炒め、ご飯を入れ、ケチャップで味付け。

ちなみに、オーストラリアのスーパーに売ってるお肉は、分厚いのしかありません。

さや

薄いお肉は、アジアンスーパーに売ってますよ!

メニュー⑥:パスタ

オーストラリアの安い食材の1つ、パスタ。

オーストラリアに来る前に、さまざまなブログで「節約するならパスタ」って書いてあったほど。

にんじんやピーマンなどを入れ、ケチャップやトマトソースで味付けするだけ。

まとめ:オーストラリアで自炊生活をしながらワーホリを楽しもう!

オーストラリアにはアジアンスーパーが多くあるので、自炊生活がしやすい環境です。

このように、オーストラリアのスーパーには売っていない日本の調味料、野菜、レトルト食品などがたくさんありました。

さや

オーストラリアのスーパーは品数が少ないので、アジアンスーパーに行くことをおすすめします。

オーストラリアで自炊生活をして節約しつつ、ワーホリ生活を楽しみましょう!

目次
閉じる