【オーストラリアワーホリ】学校なしで渡航するデメリット3選【解決策あり】

オーストラリアのワーホリでは、必ずしも語学学校に通う必要はありません。

1ヶ月通学するだけ15万くらいするので、少ない資金で渡航したい方にとって痛手になってしまいますよね。

かと言って「学校なしでワーホリ渡航も不安・・・」と考えている方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では

  • オーストラリアワーホリへ学校なしで行くことのデメリット
  • 学校なしでも、充実したワーホリ生活を送る方法

この2つをお伝えしていきます。

確かに、語学学校に通った方が英語力が伸びた状態で仕事探しができたり、交友関係が楽に広がったり、良い面はたくさんあります

しかし、他の方法でも英語力を伸ばすことや、交友関係を広げることはじゅうぶん可能なので、その点もお話していきますね!

目次

【オーストラリアワーホリ】学校なしで渡航することのデメリットとは?

デメリット①:交友関係を作ることが難しい

ワーホリ勢にとって、語学学校は友達作りにピッタリの場

語学留学だと必ず学校に通うので、いやでも自然に友達ができるのですが

ワーホリはある意味で自由すぎるため、最初かなり孤独を感じるんですよね・・・(⌒-⌒; )

学校を通してワーホリビザで滞在している友達と多く出会えるため、

部屋探し、仕事探しの相談ができる頼れる友達がすぐに見つけられないのは、学校なしで渡航するデメリットの1つです。

デメリット②:困ったときに頼れる場所、人が皆無

学校に通えば、在学中に困ったことがあれば語学学校のスタッフや、友達に相談することができます。

しかし、先ほども言った通り最初は孤独感が満載なワーホリ生活。

生活に慣れていなくて1番相談したいであろう時期に、

相談相手がいないのは、精神的にも結構キツいことなんですよね。

デメリット③:英語があまり話せないまま仕事を見つけることに・・・

語学学校に通うことで、少なからず英語力のアップが期待できます。

仕事に就くタイミングは自由ですが、学校に通わないとなると

英語でのコミュニケーションに慣れていない状態で職探しをしなくてはなりません。

特に英語初心者の方は、スムーズに仕事に就くことができないことも。

学校なしでも大丈夫!ワーホリを成功させる3つの方法

さて、学校なしで渡航することにより

  • 交友関係を広げるのが難しい
  • 英語のウォーミングアップができない

といったデメリットが出てきました。

じゃあ、学校に通わないとワーホリ失敗するじゃん!というとそうでもなくて、

学校に行かなくても別の方法で交友関係を広げたり、英語力をアップさせたりすればいいんです!◎

さや

3つの方法を紹介するね。絶望するのはまだ早いよ!笑

方法①:オンライン英会話・言語交換アプリを利用する

オンライン英会話、言語交換アプリを利用することで、英語力アップが期待できます。

2つともオーストラリアに居ながらできるので、語学学校に行かない代わりに現地で実施するのもいいですね( ´ ▽ ` )

オンライン英会話について

オンライン英会話とは、言葉の通りオンライン上で英会話の授業を受講すること。

マンツーマンレッスンなので、グループレッスンの語学学校より英語力アップのスピードは速いかもしれません。

好きな時間にレッスンをとって、PCやスマホからレッスンを受けます。

会話に特化・文法に特化などの自分に合ったコースが選べるので、苦手分野を集中的に学ぶことができますよ

オンライン英会話を運営するさまざまな企業がありますが、オンライン英会話No1のを選んでおけば間違いありません。

1レッスン209円〜受講でき、月6,480円。お財布にも優しいですよね。

今なら25分のレッスンが2回無料で受けられるので、どんな雰囲気なのか確かめてみてください♪

≫≫≫

言語交換アプリについて

言語交換アプリとは、日本語を学びたい外国人と、英語を学びたい日本人が交流できる場です。

そのため、私たちが繋がれるのは英語ネイティブの外国人。

彼らとテキストや電話を通してコミュニケーションを取れば、じゅうぶん英語の勉強になると思いませんか?

しかも、相手は日本語を学びたいので、少なくとも日本に興味を持っているはず。

会話が弾むこと間違いなし!( ^∀^)

言語交換アプリは、HelloTalkがオススメです。

使える機能を増やしたかったら有料プランに入る必要がありますが、無料プランでもじゅうぶん快適に使えます

さや

トータルで3年ほどやってますが、ずっと無料プランで使ってますよ♪

HelloTalkハロートーク- 英語韓国語、選べる学習言語

HelloTalkハロートーク- 英語韓国語、選べる学習言語

HELLOTALK FOREIGN LANGUAGE EXCHANGE LEARNING TALK CHAT APP無料posted withアプリーチ

方法②:出会いの機会を積極的に作る

学校という出会いのコミュニティーがない場合、自分で出会いの機会を作る必要があります

meetupを利用して、集まりに参加するのもいいですね。

さや

私は大勢の集まりが苦手だったため、別の方法で交友関係を広げていました。

それは、tinderを使うこと!

ちょっと危ない雰囲気があるtinderですが、気をつけるとこは気をつけて利用すれば友達作りに最適なんです( ^∀^)

というのもtinderは、

  • 異性だけでなく、同性ともマッチング可能
  • 自分がいる場所から近い人が一覧に出てくる

ため、今いる場所で交友関係を広げたいワーホリ勢にはピッタリなんですよね。

ただし、身体目当てな人がいるのも事実なので、会う場合は慎重に相手を選んでくださいね。

方法③:生活に慣れるまで(2、3週間)はairbnbに滞在する

ワーホリは、シェアハウスに住む場合が大半ですが

到着直後から部屋が見つかるまでどこに滞在するか、決まっていますか?

私のおすすめは、airbnbに滞在することです。

airbnbは、空き部屋(家まるごと)貸したい人と、借りたい人(私たち)が繋がれるプラットフォームのこと。

シェアハウスが見つかるまでバックパッカーやホテルに滞在する方法もありますが

私がairbnbをオススメする理由は、ホスト(家を貸してくれる人)という頼れる存在ができるからです。

寛容的にヘルプしてくれるホストを見つけるのは難しいですが、宿泊した人のレビューを見れば人柄がわかります。

ホストをしている人は、お金儲け以上に

  • 色んな旅人と繋がりたい
  • オーストラリアに来た旅行客が滞在を楽しんでほしい

こんな思いでやっている方が多い印象です。

私もオーストラリアワーホリをした時は、到着直後〜2週間くらいはairbnbを利用していました。

到着直後、変な虫に噛まれて足にブツブツができたり、オーストラリアの水が合わず顔に出来物ができた時があったんですよね。

一緒に住んでいたホスト(airbnb上で私に部屋を貸してくれた人)にそのことを相談したところ、

塗り薬を用意してくれて、「ひどくなったら一緒に病院に行こう」と言ってくれたんです。

到着直後で頼れる人もいない環境だったので、本当に心強くて嬉しかったことを覚えています。

もしバックパッカーやホテルに宿泊していたら、ここまでしてくれなかったはず

生活に慣れるまでは不安なこともたくさんあると思うので、airbnbのホストと一緒に住むのも1つの手ですよ。

≫≫≫airbnbの公式ホームページはこちら

まとめ|学校に行かなくても、充実したワーホリ生活を送れるよ!

オーストラリアワーホリに学校なしで渡航すると、

  • 交友関係を広げるのが難しい
  • 頼れる場所、人がいない
  • 英語力がアップしないまま職探し

というデメリットがあります。

しかし、

ことで、学校なしでも孤独感のない生活を送れるようになります。

語学学校を通す方が楽ですが、自分から行動することで学費を払うことなく、語学学校に通うのと同じくらい充実した毎日を送ることも可能です。

行動力も身に付きますしね( ^∀^) ぜひチャレンジしてみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

質問・リクエストについて

・記事内のことで質問がある

・こんな記事を書いてほしい

 

などのご要望がありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる