【フィリピン留学】留学生の平均年齢は?社会人向けの学校を選ぶ3つのコツ

フィリピン留学生の年齢層と、社会人向けの学校を選ぶ3つのコツを紹介します。

フィリピン留学を検討されている方の中には「いまさら留学なんて遅いよな。年下しかいないだろうし、浮いたらやだなぁ…」と年齢を気にして踏み出せない方もいるのではないでしょうか?

結論から言うと、フィリピン留学生は20代が圧倒的に多いのは事実です。しかし30代もいれば、50~60代の方もいます!

語学学校によって年齢層が偏る場合があるので、社会人向け学校の選び方もお伝えしますね。

さや

社会人が多く集まるであろう学校に申し込みましょう。

目次

【フィリピン留学】留学生の年齢は20代が圧倒的に多い!

フィリピン留学生は圧倒的に20代が多いです。

就職すると長期で休むことなんてできなくなりますし、結婚・出産まですれば、留学なんて行ってられなくなるからですね。

さや

大学生は2ヶ月強の長期休みがあるので、その休みを利用して来る留学生が多いです。

とはいえ「20代しかいないのか?」と言われると、そうではありません。

私が留学した3ヶ月間でも、30代、50~60代の留学生と出会いました。

そして、フィリピン留学ではマンツーマン授業がメインなので「授業のキャピキャピした雰囲気についていけない…」ということにはなりません。

【フィリピン留学】社会人向けの学校を選ぶ3つのコツ

語学学校ごとにターゲットにする生徒像があるため、適当に学校選びをしてしまうと年齢層が偏った学校にいくことになるかもしれません。

さや

年齢層を気にされる方であれば、より慎重に学校選びをすべきですね。

ここからは、社会人向けの学校を選ぶ3つのコツをお伝えしていきます。

コツ①:留学する時期に気をつける

大学生の長期休みに当たる7月~9月、1~3月を避けて留学時期を選びましょう。

そうすれば、生徒の年齢層も変わります。

コツ②:留学都市をリゾート地以外にする

フィリピン留学で圧倒的に人気な都市はセブ島です。

なぜならセブ島はリゾート地なので、リゾート環境の中で英語学習ができる点に魅力を感じるからですね。

その特徴を考えると、セブ島には「勉強もするけど、リゾート気分も味わいたい学生」が集まるのはいうまでもないでしょう。

さらに、他国に比べフィリピン留学は格安なので、お金の面でも学生が来やすい留学地といえます。

そのため、留学都市をセブ島以外にすることで学生が大量にいる環境を避けられます。

さや

そこでオススメなのが、私が留学したバギオという都市です!

バギオは山に囲まれた場所にあり、フィリピンの軽井沢とも言われるくらい過ごしやすい気候です。

街は落ち着いた雰囲気で、ガヤガヤした環境が苦手な私はとっても過ごしやすい都市でした。

コツ③:学校の特徴をしっかり見極める

語学学校には、それぞれ”色”があります。

例えば、

  • 生徒が少なめでアットホーム
  • 学校内のイベントが多い賑やかな学校
  • 放課後外出NGのスパルタな学校

などなど。

ということは、社会人が多めの落ち着いた学校もあるということ。

しかし、事前に現地まで行って雰囲気を見に行くことは難しいですよね。

そこで留学エージェントと相談しながら、あなたに合った社会人が多めの学校を見つけていくのがオススメです。

さや

留学エージェントは定期的に視察をしているので、学校の特徴を詳しく知っていますよ(^ ^)

留学に”遅すぎる”なんてない!行きたいと思ったときが行くべきとき☆

なにをするにも遅すぎることなんてないと思っています。

それよりも「あぁ、あのとき留学すれば良かった…」と思う方が、後悔でいっぱいになるのではないでしょうか。

1ヶ月の海外生活だけでも、あなたの考え方・生き方が変わる大きなきっかけになるかもしれません♪

少しでも行ってみたいと思っているのであれば、まずは留学エージェントの無料カウンセリングだけでも受けてみることをオススメします♪( ´θ`)ノ

さや

私が紹介している留学エージェントは「手数料無料」なので、ご安心くださいね。

それでは、今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

▼ こちらの記事もよく読まれています。

質問・リクエストについて

・記事内のことで質問がある

・こんな記事を書いてほしい

 

などのご要望がありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる