フィリピン留学で自分の年齢が気になる?社会人向け学校の選び方3選

こんにちは、フィリピン留学を3ヶ月経験したさやです。

「留学は、学生がするもの」というイメージが強く、社会人の方が留学する時

「年齢的に遅いよなぁ・・・」と躊躇してしまう方は多いのではないでしょうか?

当記事では、

私の体験を元にどんな年齢層の留学生が多かったか?ということをお伝えしていきます。

さらに年齢が気になる方へ、社会人向けの学校の選び方もお伝えしますので、ぜひ最後までみていただけたら嬉しいです♪

この記事を読んでいただくことで、留学に行く勇気が湧いてくること間違いなしです(^ ^)

目次

フィリピンへの留学生、圧倒的に多いのはやはり20代

想像の通り、20代の留学生が圧倒的に多いです(^_^;)

1回就職すると留学の機会を逃しやすく、学生のうちに、就職する前に留学に挑戦する人が多いからですね。

さらに、フィリピン留学ではTOEFLやiELTSなどの海外進学に必要な英語資格コースが提供されているため、

海外進学を希望する10代後半〜20代前半の学生も多く留学しています。

確かに20代の留学生が割合としては多くなりますが、中には30代や50代といった年代の方も留学していました(^ ^)

さや

私のルームメイトも40~50代の韓国人でしたよ(^ ^)

必ずしも20代オンリーというわけではないので、自分だけが浮くといった状況にはなりません。

そして、フィリピン留学はマンツーマン授業なので

20代のキャピキャピした学生たち(笑)と同じクラスになり「私は場違いかも・・・」となることもありませんよ(^ ^)

社会人向け学校の選び方3選

前述の通り、フィリピン留学はすでに社会人を経験した年代も参加しています。

しかし、年齢層を気にされるのであれば、学校選びを慎重にする必要があります

もし、その学校が学生をターゲットとしているなら、必然的に学生で溢れかえってしまうので(^_^;)

ここからは、社会人の方向けにどのように学校を選べばいいか?ということをご紹介しますね。

選び方①:留学する時期を学生の長期休み以外にする

学校の選び方ではなく留学時期の選び方となりますが、ズラせるのであれば適する留学時期があります(^ ^)

日本人の学生であれば、7~9月、1~3月は夏休み・冬休み期間に入りますよね。

そのため、長期休み期間に留学すると長期休みを利用して留学する学生が多くなってしまいます

日程を調整できるのであれば、夏休みや冬休み以外の日程で留学すると通常より学生が少なくなりますよ

選び方②:留学都市をリゾート地以外にする

フィリピン留学で圧倒的に人気な都市はセブ島です。

なぜならセブ島はリゾート地なので、リゾート環境の中で英語学習ができる点に魅力を感じるからですね。

こういったセブ島の特徴を考えると、セブ島には

遊びも楽しみたいキャピキャピした学生

が集まるのはいうまでもないでしょう。

そのため「落ち着いた環境で勉強したい」「リゾートで遊ぶタイプではない」といった落ち着いた方たち、勉強に100%集中したい方は別の都市に留学します。

私が留学したバギオという都市は、海というより山なので、気軽にビーチリゾートへは遊びに行くことはできません。

しかし、街はうるさすぎず、落ちついた雰囲気で過ごしやすかったですよ(^ ^)

都市それぞれの特徴を考えると、バギオのようなリゾート地以外には社会人が集まりやすいと言えます。

選び方③:学校の特徴をしっかり見極める

語学学校にはそれぞれ”色”があります。

例えば、

  • 生徒が少なめでアットホーム
  • 学校内のイベントが多い賑やかな学校
  • 放課後外出NGのスパルタな学校

などなど。

ということは、社会人が多めの落ち着いた学校というのもあります。

しかし、事前に視察に行くことは難しいですよね。

そのため留学エージェントと相談しながら、社会人の多い学校を見つけることをオススメします。

留学エージェントは定期的に視察にいってますので、学校の特徴を詳しく知っていますよ(^ ^)

さや

私もエージェントと相談しながら語学学校を決めました!

今日が1番若い日!後悔しない選択を。

冒頭でもお話した通り、

フィリピン留学では圧倒的に20代が多いが、中には社会人の方もいます(^ ^)

しかし、学校により年齢比率は異なりますので

  • 留学時期
  • 留学都市
  • 留学先の語学学校

を上手く選ぶことが大切です。

自分ひとりで選ぶのはとっても大変ですし、得られる情報が限られてしまいますので

ここはぜひ留学エージェントと一緒に選ぶようにしましょう☆

さや

私が別記事でオススメしているエージェントは、手数料無料なのでご安心ください(^ ^)

今日が1番若い日なので、先延ばしにしていると更に躊躇してしまう可能性が高いです

行けなかったことに後悔しないためにも、是非留学にチャレンジしてみてくださいね♪

少しでもお役に立てれば嬉しいです!

▼フィリピン人講師の英語についてはコチラ

▼フィリピン留学の最適期間に関してはコチラ

質問・リクエストについて

・記事内のことで質問がある

・こんな記事を書いてほしい

 

などのご要望がありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる