フィリピン留学に必要なお小遣いはいくら?節約方法も解説します。

ィリピン留学費用は、学費や寮費など前もって払うもののほかに、現地で使う分も準備しておかなければいけません。

しかし、現地の物価もよく分からないし、そもそも何にお金を使うかも不明だし…お小遣いの額で悩む方は多いのではないでしょうか?

そこで、今回はフィリピン留学を3ヶ月経験した私が、フィリピン留学に必要なお小遣いを解説していきます。

さや

さらに、現地での生活費を節約する方法もお話しますね。

結論から言うと、飲み会に多く参加して旅行も楽しみたい!という方でも、月に3~5万のお小遣いを準備すれば大丈夫です。

※ 本記事では、ビザの申請費用などはお小遣いとして考えていません。

目次

フィリピン留学中のお小遣いに含まれるものとは?

外食費

友達と外食する時にかかる食費。

小腹が空いた時に食べるスナックの購入費。

日用品費

シャンプー、リンス、歯磨き粉、洗顔料など生活必需品の購入費。

洋服の購入費。

旅行費

週末の旅行にかかるお金。

(※この費用がお小遣いが人それぞれに差が出る1番の要因。)

さや

旅行を多くしたいと思っている方は、多めに資金を準備しておいて損はないです。

通信費

現地のSIMカードを使う場合は、プランに応じて通信費がかかる。

さや

通信費を無料にすることもできます。詳しくは下記の記事をご覧ください。

交通費

公共交通機関を使う時にかかるお金。

【フィリピン留学中のお小遣い事情】お小遣いを節約する5つのコツ

帰国後に私のお小遣いを計算したところ、月に約1.5万しか使っていませんでした…(笑)

さや

けど、節約しようと頑張っていたわけでもないので、充実した3ヶ月を過ごすことができましたよ!

振り返ったときに「これしたから節約できたのかな?」と思う5つのポイントを紹介していきますね。

コツ①:お酒飲まない、飲み会行かない

私は元々お酒を飲まず、そして飲み会という場も苦手です。

そのため、飲み会代 / お酒代 が一切かからなかったのが、生活費を抑えられた理由だと思っています。

「飲み会に参加しないとぼっちになりませんか?」という声が聞こえてきそうですが、そんなことありませんでしたよ。

私と同じような「飲み会嫌い」な海外の友達がたくさんいたので、よかったです。

さや

まぁ、こればかりは学校の雰囲気と、そのとき留学しているメンバーによる部分もありますが…。

コツ②:寮のご飯で満腹にさせる

できるだけ食費の出費を抑えるために、寮のご飯で満腹にさせるのもコツですね。

学校にもよりますが、私の学校はバイキング形式だったので、ご飯が余っている限りお代わりが自由にできました!

コツ③:服を買わない

フィリピン留学中に着る服は、日本から全て持っていきましょう。

さや

フィリピンで売ってる洋服は超安いですが、それだけ質も悪いのであまり長持ちしません…。

コツ④:外泊旅行を少なめにする

外泊旅行をすると一気に1万以上は飛びますね。

極力節約したいなら、外泊旅行は少なめにしておくべきでしょう。

さや

ちなみに、私は日帰り1回 / 外泊2回しました!

コツ⑤:日用品を日本から持ってくる

現地で使うであろう日用品を、日本から持っていきましょう。

普段日本で使っているものだから安心できますし、価格帯が分からないフィリピンで購入するより安く準備できるはず。

さや

歯ブラシ / メイク落とし / スキンケア用品 / 生理用品を日本から持参しました!

歯磨き粉・シャンプーリンス・ボディソープなどは液体で重かったので、現地で購入。

まとめ

おさらいすると、フィリピン留学中のお小遣いは3~5万もあれば足ります。

しかし、節約することにあまりにもとらわれすぎて、限られた海外生活の中でなにもかも我慢するのは良くないです。

現地で出会った友達と旅行に行くのも、お酒を飲んでおしゃべりするのも、フィリピンにお互いがいるからこそ気軽にできることです。

さや

お互いの国に帰国してしまったら、そう簡単にはできないですよね。

例えば、現地で洋服を大量購入しても留学の良い思い出にはなりませんが、友達と旅行をするのはずっと記憶に残るいい思い出になります。

このように、我慢するところは我慢して、使うところは使う留学生活にすれば、お金を使いすぎなくても充実しますよ♪

少しでも参考になれば嬉しいです。

質問・リクエストについて

・記事内のことで質問がある

・こんな記事を書いてほしい

 

などのご要望がありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる