フィリピン留学の感想。実はハプニングだらけの3ヶ月間だった?!

フィリピンのバギオにて3ヶ月間の留学を経験しました。

バギオはマニラからバスで6-7時間くらいのところにあります♪

当記事では、フィリピン留学の感想をお話できればと思います。

さや

日記風に書いても面白くないので、ハプニング系など話のネタになりそうなものをピックアップしてお話していきますね♪

この記事を読むことで、フィリピン留学の留学生活が想像してもらえるかな?と思います。

((私の起きたハプニングが皆さんに起きるとは限りませんが、、(笑)))

フィリピン留学で、個人個人が経験したことってなかなか聞く機会ないですからね☆

ぜひ、最後までみていただけたら嬉しいです!

目次

マニラで集合、バスで6~7時間かけてバギオへ

バギオへの直行便はないので、マニラからバスで6〜7時間移動します。

とは言っても、自力でバスを予約して、目的地で降りるなんていうハードルの高いことはする必要はないですよ!

学校によって細かいシステムは異なりますが、簡単に言うと、

「フィリピン留学に来た留学生を一斉にバギオまで送るよ〜!」というバスに乗ることになります。

自分がどの学校に行くのか、どこで降りるのかを把握して下さっているので、集合場所に行き、バスに乗ればOK。

さや

降りた先には学校の方が待っていてくれるので安心ですよ

私の場合、バギオの語学学校4校くらいが共同で行っているサービスを使ったので、バスに乗っている留学生の中には私と違う学校の子もたくさんいました(^。^)

”マニラの空港のここに来てください”という案内も事前に受けるので、集合場所に行き、全員が集合した時点でバスに乗ります!

なので、あまりにも集合時間より早い便で到着すると、マニラの空港で何時間も待つことに・・・

18時すぎくらいに、マニラからバギオへ移動しました!(バギオに着いたの深夜w)

バギオに着いて1番最初に感じたこと

さて、バギオに到着したのは深夜2〜3時とめちゃくちゃ夜だったわけですが・・・、

私はフィリピン留学をするまで、東南アジアへ行ったことはありませんでした。

バギオに着いて1番最初に感じたことは、「思ったより整備されてないんだなぁ」ということ。

日本にいると当たり前ですが、アスファルトで道路ができていたり、歩道がちゃんと作られていたりしますよね。

バギオではそんなことなくて、土のまんまの場所だってありますし、歩道がなくてスレスレを車が通り過ぎるなんてことも!

さや

バギオは山の上にある地域なので、坂が多いなという印象もありましたね〜。

翌日、オリエンテーション+英語チェックテストを受ける

到着翌日は、学校のルールなどオリエンテーションを受けたり、街中の案内を受けたりしました!

学校に到着したとき「周り何もないやないか!」と思ったのですが、バギオの中心街に行くと結構栄えていてビックリ。笑

大きなショッピングモールもいくつかありましたし、欲しいものは何でも揃うって感じです☆

そして、英語チェックテストも行いました(^。^)

このテストによって、自分のレベルに合った教材が配布されることになります!

初めてのマンツーマン授業を体験

初めてのマンツーマン授業がスタートしました! 授業ごとに先生も授業内容も違います。

小さなボックス教室がいくつも用意されていて、そこに「○○先生の部屋」と書かれているので、時間が来たら入室します!

マンツーマンだったから、結構リラックスして授業を受けることができましたよ〜(^。^)

「怖い先生がいたらどうしよ」と思っていましたが、全然そんなことなくて、フレンドリーで色々質問してくれるし、教科書やるだけの授業!って感じじゃないのが良かったです。

さや

これ食べながら授業しよ〜ってお菓子をくれる先生もいたりね。笑

フィリピン留学の前にカナダ留学も経験しましたが、何より発言量が全然違いますね!

グループ授業だと、受身で聞いてるだけでも授業は受けられますが、

マンツーマンだと私が話さないとコミュニケーションが取れないので、話したくなくても話さなきゃいけない(笑)

英語力の向上速度は一目瞭然かなと思います☆

到着早々、喉をおかしくして声が出なくなる!?

到着数日後から、喉の調子がおかしくなり、最終的に声が出なくなってしまいました・・・(^_^;)

風邪を引いたというより、声が出なくなっちゃったんです。

さや

日本では同じ症状が出たことなくて、かなりパニックになりました。

声が出ないとマンツーマン授業も成り立たないし、本当最悪でしたw

放置したら徐々に声が出るようになりましたが、おそらくフィリピンの空気の悪さが影響しているのかなと。

学校の外は車がビュンビュン走っているし、地面もアスファルトではなく土なので、その辺りも影響していたはず。

私の場合は通院せず完治しましたが、日本で起こらない異変が起こることもあります。必ず海外保険は準備していきましょうね!!!

海外保険は、お手持ちのクレジットカードでも適用される場合があります!詳しくはこちらを参考にしてみてください。

先生にトイレの使い方をレクチャーしてもらう

フィリピンのトイレは、トイレットペーパーが流せないのが基本で、そして詰まりやすいんです。

トイレットペーパーを流さずに隣のゴミ箱に捨てるっていうのは、最初結構抵抗がありましたね(^_^;)

日本のトイレって、流した後に次に使う用(?)に水がある程度便器の中に溜まりますよね?

でも、フィリピンのトイレって水がほとんど便器の中に溜まらないんです!

これが疑問すぎて、授業中先生に「トイレの使い方を教えて欲しいのですが・・・」と思い切って聞きました(笑)

((↑こういう超個人的な話ができるのも、マンツーマン授業の特徴?!笑))

さや

ホワイトボードまで使って説明してくれて、もう本当いい先生だったなぁ(o^^o)笑

今後渡航する方のために、回答を一応シェア

日本みたく、自動的にタンクに水が溜まる機能がないから、自分で便器の中に水を入れて流すみたいです。

だからトイレにバケツと蛇口が付いていることが多いのか!と納得しました。

ルームメイトが病院に運ばれるという事態

私のルームメイトは、ベトナム人・韓国人・私だったのですが、韓国人の方が突然病院に運ばれるという事態に∑(゚Д゚)

原因は、胃腸炎のようなものにかかってしまったためだそう・・・。

フィリピンの食事?フィリピンの水?細かい原因はわかりませんが、何か悪いものが入ってしまったんですね。

当時、胃腸炎でダウンする友達が相次いでいたので、何かを食べることに恐怖を感じていました・・・。

さや

ほんと、いつ体調を崩すか分からない!

断水に怯えながらシャワーに入る毎日?!

先ほど水回りのお話をしましたが、私の学校では突然水が出なくなることが日常茶飯事なんです∑(゚Д゚)

しかも、水が出なくなったらトラックで水を運びに来て、給水するというシステムw

そのため、シャワータイムは時間との勝負!なのですが・・・、水圧が弱くて”チョロチョロチョロ”って感じなので、速く終わらせたくても終わらせられない!笑

泡だらけで、断水になったら本当地獄。(しかもいつ断水が終わるかは、毎回違うから尚更w)

解決策としては、シャワーの前に大きなバケツにお湯を入れておいて、もし断水が起きても貯めたお湯でとりあえず泡を流す!ということをしてました。

ゴキちゃんと一緒にシャワーする・・・

ある日、シャワーをしていると天井にゴキ○リを発見してしまいました・・・。

多分、今同じ状況になると悲鳴あげて慌てて飛び出ると思うのですが、当時の私はフィリピンの環境の違いに慣れ、「どんな環境でも生きていけるわ」と無双モードww

逃げることもなく、シャワーを浴び続けました(^_^;)←もうなんでもアリw

夜、学校中に謎の虫が大量発生する日々

フィリピンと言えば、”常夏”というイメージがあるかもしれませんが、バギオは避暑地として知られており、山の上にあるので、クーラー要らずで生活できます。

なので、常に窓を開けているのですが夜になると光に誘われた虫が大量侵入してくるんですよね。

たまに自室でも窓閉めるの忘れてしまい、部屋に戻ったら虫が床に・・・!みたいな状況にあったことが何度もあります(^_^;)

ですが、もう何度も何度も経験してるとそんなのも慣れてしまいました(^_^;) 慣れってすごいな・・・笑

ルームメイトとギクシャクした出来事・・・(食事中の方NG!)

トータルでいうと、私のルームメイトは汚らしく部屋を使わないし、物も整頓しているので気持ち良く一緒に生活することができました。

が、ギクシャクした出来事もあります。

私のルームメイトは、ベトナム人(20代)・韓国人(40-50代)・私だったのですが、

ある日、ベトナム人の子がトイレに行って悲鳴をあげたんですよね。(その悲鳴で起きたw)

私が「どうした?」って聞いても「言いたくない(^_^;) もうやだ」みたいな感じで、部屋から出て行っちゃったんです。

ちなみに、韓国人の方は朝早くからお出かけのため不在。(その日は週末だったので!)

私もトイレを使いたかったので、トイレに行くと・・・う○ちが流されてなくて放置されていたんですよね。

(悲鳴の原因は、流されていないう○ちをみたから ということですね)

流そうとしたのですが、詰まっていて流せず・・・。

さや

お出かけの予定があるとはいえ、事情共有せずに放置して外出するってどうなのよ・・・

ベトナム人の子も、この件には関与したくない感じだったので、私がヘルパーさんに言いにいきました(^_^;)

状況から考えても韓国人の方がしたことなのに、謝罪もお礼もなかったんですよね〜。

(恥ずかしくて認めたくないってのは分かるけども・・・)

人としてどうなん?ってなってしまって、その日以来、自分から積極的に関わるのは辞めてしまいましたね・・・(^_^;)

洗濯物は全部手洗い生活

私の学校の近くに、洗濯できる施設があったのですが、毎回お金がかかるんですよね。

まとめて洗う洋服の量があれば便利だけど、私が持ってきた洋服の数は少なかったので、手洗いすることにしました!

さや

ベトナム人のルームメイトも手洗いしてたから、便乗(^ ^)笑

授業終わりに、毎日手洗いをして干すっていう、なんとも原始的な生活を送りましたが、これはこれで新鮮でした。

お金をかけなくても生活する方法はいくらでもある〜!笑

先生に恋をしてしまった友人?!

フィリピン留学の授業は、マンツーマン授業。

「もし先生がタイプだったら・・・?!」

さや

最高の環境の出来上がり!授業の意欲アップしまくり。

そんな中、担当の先生に恋心を抱いていた友人がいました!!!

友人、、毎日楽しそうでしたよ(^。^)笑

少し時間が経ったら気分が変わったのか「やっぱ気の迷いだったわ」って言ってましたがw

先生に恋をする!なんていうこともありえるかも?!∑(゚Д゚)

毎日寝る直前まで友達と居られる楽しさ

1つの建物内に教室もあれば、食事スペースもあるし、自室もあります。

さや

朝から夜までず〜っと学校の友達と一緒に居られるっ♪

「起きてー!朝食食べに行こー!」って起こしに行くのも、寝る前まで空き教室で語り明かすのも・・・めちゃくちゃ楽しかったなぁ。

ブログを通してフィリピンの振り返りをしていると、また行きたくなっちゃいます。笑

さや

当時仲良かった友達に思わずLINEしてしまいましたw

【まとめ】肝心の英語力はどうなった?効果あり?

さてさて、長々と書いてきましたが肝心の英語力について書いておりませんでした(^_^;)

私は典型的な「机に向かって英語を勉強してきた人間」で、スピーキングとリスニングが超苦手。

リーディング・ライティングとのレベルのバランスがおかしすぎたんですよね。

なので、フィリピンで渡されたテキストもリスニング集や、1つの議題に沿って意見を述べるものなど、スピーキングとライティングに特化していた教材ばかりでした。

重点的に苦手分野の学習+マンツーマン授業で常に英語を話して聞く環境のおかげで、3ヶ月間の留学でだいぶスラスラ話せるようになりましたね。

点数化するものがないので、目に見える変化をお見せできず申し訳ないのですが・・・

卒業試験として、「バイトの面接を英語でする」ことをしたのですが、見事合格できました!!

こう振り返ってみると、色々ハプニングはありましたが(笑)濃い3ヶ月を過ごせたと思います(^。^)

さや

長々と書いてしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございます!

「私もフィリピン留学行ってみたいな!」と感じていただけた方は是非フィリピン留学の関連記事も読んでいただけると嬉しいです^^

質問・リクエストについて

・記事内のことで質問がある

・こんな記事を書いてほしい

 

などのご要望がありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる