【フィリピン留学】ドライヤーは日本から持っていこう!オススメのドライヤーも紹介

今回は、フィリピン留学中のドライヤー事情を解説します。

普段日本で使っているドライヤーをフィリピン留学に持って行こうとしている方もいるかもしれません。

しかし、中にはフィリピンで使用できないドライヤーもあるので留学前に必ずチェックしておきましょう。

さや

最後に、フィリピンでも使えるドライヤーを紹介します♪

この記事を読むことで「せっかドライヤーを持ってきたのに、現地で使えなかった…よく分からないドライヤーを買うことになった…」という失敗を防げます。

留学中、髪の毛が満足にケアできないとイライラも溜まりますからね…!!!笑

さや

ぜひ参考にしていただけると嬉しいです☆

目次

【フィリピン留学】日本からドライヤーを持っていく際に必ずチェックしておくべきこと

あなたがフィリピンに持っていく予定のドライヤーの「電圧」を必ず確認しておきましょう。

なぜならフィリピンと日本とでは電圧が異なるため、フィリピンの電圧に対応しているドライヤーを持っていかないといけないからです。

さや

電圧って世界共通じゃないの?と当時の私はびっくりしました…

さらに言うと、コンセントの形状も国ごとに違いますが、日本とフィリピンは同じなので今回は気にしなくてOKです!

▼ フィリピンの電圧とコンセントの形状を日本と比較すると、このようになります。

フィリピン日本
電圧220V100V
コンセントの形状ほとんどAタイプAタイプ
フィリピンと日本の電圧・コンセントの形状比較

つまり、日本の電圧にしか対応していないドライヤーをフィリピンで利用すると、電圧が強すぎてドライヤーが故障してしまいます…(⌒-⌒; )

では、電圧の確認方法を紹介します。

ドライヤーに、下記のような情報が記載されている部分を見つけてください。

▼「input:100V-240V」と書かれています。 (これはiPhoneの充電器)

つまり、240Vまで対応しているため、220Vのフィリピンでも使うことができるということです。

本体に書かれていない場合は説明書や商品ページ等にも書いてあるので、持っていく前に必ず確認しておいてくださいね。

ドライヤーは日本から持っていくべき?フィリピンで現地調達すべき?

日本から持っていくことをオススメします。

なぜなら、日本で販売されているものの方が品質も良く長持ちするからです。

さや

「made in Japan」クオリティーは本当にすごいんだよ…!

現地調達した場合、もしかしたら220Vしか対応してないドライヤーが多いかもしれません。

となると、フィリピン留学を終えたら使うことができないので、もったいない気がしませんか?(^_^;)

日本製の「100V-240V」のドライヤーを購入しておけば、品質も良いし、他国にも持っていけます♪

そのため、フィリピン留学で使うドライヤーは日本から持っていく方がいいでしょう。

【プチプラ】フィリピンでも使えるドライヤーを紹介

「100-240Vに対応してるドライヤーがいいってのは分かったけど、具体的にはどれがいいの?」

そう思っている方もいると思いますので、私が実際に海外用として愛用しているドライヤーを紹介します♪

それがこちら!

100-240V対応しているドライヤーなので、世界中どこでも利用できます。

コンパクトな大きさなんですが、だからといって風量が弱いということもなく使いやすいですよ。

さや

値段も2000円台でお手頃なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

もう少し価格が高いものがいい方は・・・

もう少し価格帯が高い方がいいという方は、パナソニックのナノケアもいいですよ。

もちろん海外対応されていて、有名なパナソニックのものなので品質は保証されていますね♪

フィリピン留学中に使うドライヤーは日本から持っていこう☆

今回は以上になります。

スーツケースに入れる前に、電圧が「100V-240V」に対応しているか?を確認してみてください。

少しでも参考になったら嬉しいです♪

▼当記事で紹介した商品はこちら。

▼ こちらの記事もよく読まれています。

質問・リクエストについて

・記事内のことで質問がある

・こんな記事を書いてほしい

 

などのご要望がありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる