【カナダ留学】ホームステイの費用、ステイ先の見つけ方を解説するよ!

カナダ短期留学の滞在方法といえば、ホームステイが主流ではないでしょうか。

さや

私もカナダ1ヶ月留学をした時ホームステイを経験してきました!

当記事では、ホームステイについて掘り下げていき、

  • ホームステイにかかる費用
  • ホームステイのメリット、デメリット
  • ホームステイ先の見つけ方

この3点に関して私に経験を元にお伝えしていきます◎

カナダ留学に限らず、今後ホームステイを経験したい方のお役に立てれば嬉しいです♪

目次

そもそも、ホームステイって?

ホームステイとは、留学中の滞在方法の1種類。現地のある家族の一員になって、一緒に生活することです◎

私たちを受け入れてくれる家族のことを、ホストファミリーと呼びます。

受け入れてくれるファミリーが様々で、

  • 子供がいる家庭
  • ペットを飼っている家庭
  • 他の留学生が滞在している家庭

などです。

留学エージェントに頼む場合、「ペットがいない方がいい」「子供がいない方がいい」などある程度の要望は聞いてくださるところが多いですよ。

ホームステイにかかる費用は?

私がカナダのホームステイにかかった費用は、1ヶ月約9万円でした。

ホームステイ費用の内訳
  • ホームステイ手配料:約1万5千円
  • ホームステイ滞在費:約7万円
  • 空港送迎(往復):約5千円

ホームステイ手配料は、留学エージェントを仲介してホームステイ先を紹介してもらう場合、仲介手数料としてかかる費用です。

ホームステイ滞在費には、家賃+3食の食費+光熱費+WiFi全て込み込みです。

さや

月7万ってかなりお得じゃないですか?

空港送迎費は、ホストファミリーに空港までの送り迎えを頼んだ際にかかった費用のこと。

重いスーツケースを持って、公共交通機関を使う気力がなかったので、お願いすることにしました!笑

ホームステイにかかる費用については、留学エージェントを仲介する場合、エージェントごとに設定されています。

自力で探す場合(後述)は、ホストファミリーごとに料金設定がされています。

都会になるほど料金が上がる仕組みです。

ホームステイ以外の料金はこちらの記事に載せています。

ホームステイのメリット・デメリット

ホームステイの他にも、短期であれば寮、長期であればシェアハウス・寮に住む選択肢があります。

私が感じたホームステイのメリット・デメリットを挙げていきますので、滞在方法を選ぶ際の参考にしてみてください☆

まずは、メリットからです。

ホームステイのメリット
  1. 自炊の必要がない
  2. 生活費が大体把握できる
  3. ネイティブカナディアンと繋がることができる
  4. 家でも英語環境で生活できる
  5. 困ったことがあれば現地の人に聞ける安心感

3食付きのプランであれば、自炊をする必要がありません。

当時の私は自炊力が完全なるZEROだったので笑、自炊の必要が無いのはホームステイにした大きな理由の1つです。

そして、出発前に家賃+食費など全て払うので、現地で必要なお金は交通費や娯楽費のみになります。

変動が激しい食費のことを考えなくていいのは、留学資金の貯金がかなりしやすかったですね^^

シェアハウスや寮に住むと、同居するのは留学生。

現地の大学に行かない限り、ネイティブカナディアンと繋がる機会は滅多に無いことです。

ホストファミリーを通じて、現地の人とのコミュニティが持てるのは、大きな魅力では無いでしょうか。

さや

ホストの友達が集まるパーティに連れて行ってもらったりしました!日本人は私だけ。(笑)

次にホームステイのデメリットです。

ホームステイのデメリット
  1. ホストファミリーと気が合わないと生活しづらい
  2. ホストファミリーの出す食事が口に合わない可能性あり
  3. ルールが厳しい家庭もある

ホームステイに「アタリ」「ハズレ」があるように、もしかしたら自分には合わないファミリーに当たる可能性もあります。

性格的にもそうだし、食事のメニューや、厳しすぎるルールなど。

私は幸いホストファミリーとかなり友好な関係を築くことができ、生活に困ったことは一切ありませんでした。

でも、シェアハウスに住む場合も同じことが考えられますよね^^

ホストが合わなくてストレスが溜まる一方であれば、早めに仲介の留学エージェントに相談することをオススメします。

さや

もしかしたらファミリーを変更してくれるかもしれません!

ホームステイ先を見つける方法は?

ホームステイ先を見つける方法は、2つあります。

  1. 留学エージェントに探してもらう
  2. 自力で探す

方法①:留学エージェントに探してもらう

留学エージェントは、学校入学手続きを行ってくれたり、留学の相談に乗ってくれたりします。留学生は大半の方がお世話になっているのでは無いでしょうか?

さや

私も留学する時は毎回留学エージェントを通してました☆

そして、留学エージェントはホームステイの代行手続きも行ってくれます。

先述した通り代行手数料はかかりますが、自力で探すより日本人に慣れていて、実績があるステイ先に当たる確率が高くなります!

留学エージェントも、安心して留学生を任せられないようなホームステイ先を紹介しないですからね◎

そして、仮にトラブルになったら仲介してくれるので、私は自力で探すよりも留学エージェントを通してホストファミリーを探すことをオススメしています。

方法②:自力で探す

ホームステイ先は、自力で探すことも可能です。

ある程度、英語でのコミュニケーションができる方は挑戦してみてもいいのではないでしょうか?

HomestayWebというホームステイを受け入れてくれるファミリーを探すサイトがあります。

ただし、サイトが仲介してくれるわけでは無いので、留学生とホストとの直契約です。

こちらのサイトに掲載されているファミリーは運営が面接をしたわけではないので、やっぱりエージェント経由がオススメかなぁ・・・。

ホームステイは、留学生ならではの貴重な体験です

ホームステイを通して、ネイティブカナディアンのファミリーの一員になるというのは、留学ならではの貴重な体験です。

カナダの生活洋式がわかったり、観光客が知らないようなディープな場所に連れて行ってもらえたりするかもしれません^^

さや

カナダ国内に頼れる人がいるという意味でも安心できましたし、ホームステイの滞在にして本当によかったと感じています☆

ホームステイ滞在気になる!というかたは、ぜひ留学エージェントに問い合わせたり、HomestayWebを使ってホストを見つけてみてくださいね☆

ではでは、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました(^_^)

質問・リクエストについて

・記事内のことで質問がある

・こんな記事を書いてほしい

 

などのご要望がありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる